9月25日に放送された『出張!徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、宝塚歌劇団創立100周年を記念して往年のタカラジェンヌが一堂に会し、司会の黒柳徹子さん(80)らと座談会を繰り広げた。元月組トップスターの真琴つばささん (48)と真琴さんの相手役だった檀れいさん(42)も番組に登場。その中で、宝塚時代の檀さんと真琴さんの微妙な関係が明らかになった。実は壇さん、トップに就任してから 壮絶なイジメに遭っていたという…

檀れい写真集 Ray / ...

檀れい写真集 Ray / …
価格:3,150円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


ゲスト出演していたオアシズ・大久保佳代子(42才)が何気なくこう口にした。

「女の世界なので、笑いながらも、裏でピリピリしたものがあるんじゃないかなって…」その発言に真琴が檀の顔を見ながら、「私がいじめた経験は檀れいさんしかいないです!泣かせました!」と言い放った。

先輩の思わぬ発言に困惑したのか、檀は、「そんな…そんなことないです。舞台に対しては、とても厳しい先輩だったんですけど、根底に愛情があるので、一生懸命、真琴さんの後をついていった感じです」と必死にフォローしたものの、その表情は明らかに曇っていた…。

1999年、当時月組トップ娘役だった風花舞(42才)の退団によって、月組トップスターとして絶大なる人気を誇っていた真琴の相手役に大抜擢された檀。

しかし、実は檀の同期で歌も踊りも上手と評判だった千紘れいか(40才)が、相手役に選ばれると目されていた。

「蓋を開けてみれば、選ばれたのは檀さんでした。これにショックを受けた千紘さんは、内緒で劇団四季のオーディションを受けて、宝塚を電撃退団してしまうんです。結果として檀さんが千紘さんを追い出す形となってしまいました」(宝塚関係者)

以来、檀は宝塚内部からもファンからも猛烈なバッシングやいじめを受けることに。
ファンレターの中にカミソリが入っていたこともあったそうです。楽屋口を出るときに、ファンに足を引っかけられたりというのは日常茶飯事だったみたいですよ」(別の宝塚関係者)

月組の中でも檀は孤立していった。

「誰からも食事に誘われたりすることはなく、毎日のように檀さんはメイク室で泣きながら、ひとりでたまごかけご飯を食べていたそうです」(前出・宝塚関係者)

ステージでは華やかに振る舞っていても、舞台の裏ではいつも涙を流していたという檀。

そんな彼女に声をかけたのが真琴だった。

真琴さんは檀さんを食事に誘い、“歌や踊りは努力でうまくなるけど、見た目のきれいさはどんなに努力してもなれない。だから自信を持ちなさい”と励ましたそうです」(前出・宝塚関係者)

孤独な思いを抱えていた檀は、その真琴の言葉に救われたという。そして少しずつだが元気を取り戻し始めた檀は真琴にこんなお願いをした。

「私と仲よくしてください」しかし、真琴から返ってきた言葉は、「あなたとは仲よくしたくない」という言葉だった…。

この思いがけない真琴の言葉に、檀は泣き崩れたという。

「真琴さんにしてみれば、“仲よくなりすぎてしまうと、緊張感が保てなくなり、いい舞台ができないから”という思いだったんです。でも、ようやく信頼できる人ができたと思っていた檀さんからしてみれば、ショックは大きかったみたいですよ…」(前出・宝塚関係者)

こんなトラウマの数々が、宝塚退団から8年もの年月が経った今でも檀の脳裏には残っていて、番組内での困惑した表情となってしまったのだろう。(以上NEWSポストセブン)


ネットでは、「この人が本当に”顔だけ”で、あまりにもいろいろ下手くそすぎたからでしょう…」「宝塚の娘役としては三流だったね。姿勢が悪く、一本筋の通っていない立ち姿だった」「見た目オンリーで娘役トップを選んだケースは何回もあるが大地真央の相手役に黒木瞳が抜擢された時が一番バッシング酷かった」 「それだけ虐められながらずいぶん長い間活躍してたんだからハンパな根性じゃないな」「絶対、倍返ししてると思う。いじめられたままでおとなしくしておくタイプじゃないだろ」「娘役は相手の男役との相性とか容姿のつり合い色々あるので実力あればいいというわけではないし難しいところではあるよね」「私は娘役ファンだったからトップ娘役はやっぱり美しくて華がないとダメ」「まあ本当にいじめた人はこんな公の場で発言しないし 真琴つばささんと檀れいさんは仲悪くはなさそう」などの声が。

▼はいだしょうこ(千琴ひめか)宝塚時代 エトワール▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

宝塚ファンの方によれば、檀さんは歌や踊りが決して上手だと褒められるレベルではなかったみたいです。音楽学校時代の成績も最下位だったとか。檀さんの歌やダンスは見たことがありませんが、同じく娘役トップだった黒木瞳さんの歌を初めて聞いた時は正直、アレ?という印象を受けました。実力の世界と思いきや、成績が良ければトップというそう単純なものでもないみたいですね。

▼檀れい 宝塚時代 歌▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

狭き門をくぐり抜けて劇団に入ったわけですから、皆さん内に秘めたライバル心は相当なものだと思います。もちろんイジメは良くありませんが、それくらい必死でトップの座を争う厳しい世界なんだと改めて感じさせられました。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に