フィギュアスケート選手の高橋大輔さん(28)が、今年2月のソチ五輪閉会式後の打ち上げで、日本スケート連盟会長でJOC(日本オリンピック委員会)常務理事の橋本聖子氏から、無理やりキスをされるというセクハラを受けていたことを『週刊文春』が報じてる。同誌には決定的証拠となるキス画像も掲載されており、大きな波紋を広げている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

SOUL Up [ 高橋大輔 ]

SOUL Up [ 高橋大輔 ]
価格:1,836円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



 打ち上げの出席者によると、酒が入った橋本氏は高橋を側に呼び寄せると、突然抱きついてキスをし始めた。最初は嫌がるように身体をよじらせてかわそうとしていた高橋だったが、何度も橋本氏から迫られるうちに、途中からキスを受け入れていたという。

 週刊文春の取材に橋本氏は「キスを強制した事実はありません。選手団の選手や役員は、外国の選手等との交流が多く、打ち上げなどでは、ごく自然にハグやキスをすることがあります」と文書で回答した。

 橋本氏は現役の参議院議員で内閣改造の入閣候補とも目されているだけに、このセクハラ問題がどのように影響するか注目される。(以上週刊文春)


ネットでは、「中年のおばさんが何してるの…下品極まりない」「これが男女逆なら即辞職でしょう」「高橋にとって罰ゲーム以外のなにものでもないな」「文春みた。想像してたのよりちょっと上いってた」「口チューも屈辱的だけどこんな写真を他人に所持されるとか気の毒すぎる」「高橋がキスを受け入れないと、場が収拾しないという断りにくい雰囲気を作り出して無理やりにキスする卑怯で最低の女」「これはファンが黙ってないだろうな…」などの声が。

他の選手にも熱い抱擁はあったそうですが、高橋さんだけに執拗にキスをしてたそうですから、橋本聖子さんは高橋さんが相当お気に入りなんでしょうね…。
「強制した事実はない」とのことですが、高橋さんが望んでキスするとは思えず、やはり少なからず圧力はあったのでは。

スケ連会長に対して嫌だとは拒めないでしょうし、高橋さんが少しでも不快に感じていたのなら、セクハラでありパワハラになるでしょう。高橋さんがセクハラ・パワハラを否定したとしても、責任ある立場の人間としては在るまじき行為で、これを”問題なし”とスルーすることは出来ないと思います。

特別な感情があるわけでもない相手とのキス写真が公にされてしまった高橋さんが気の毒でなりません。

▼【文春画像】橋本聖子が高橋大輔に無理やりキス▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に