カーヴィーダンスを考案したボディメイクトレーナーの樫木裕実さん(52)が6月12日、ブログでスタジオ閉鎖を発表した。発売中の『女性自身』では、この閉鎖の原因について、トレーナーたちとギャラの支払い方法をめぐってトラブルが起こり、樫木さんがトレーナーに対し、実質的な”全員クビ”を通告したと報じている。この報道を受け、樫木さんは公式サイトで「事実無根」だと反論し、法的措置も検討しているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング



6月12日、ブログで”スタジオ閉鎖”を突然発表した樫木裕実(52)。じつはこの前日、一足早く情報をキャッチした本誌が、樫木に取材を申しこんだ矢先のことだった――。

「樫木さんとトレーナーたちが揉めたそうです。悲しいことですが……」(関係者)

カーヴィーダンスの生みの親として、神田うの(40)や梨花(42)など芸能人の信奉者も多い樫木。’13年12月にも”スタジオ閉鎖騒動”が大きく報じられ、昨年5月に自らオーナーとして渋谷にオープンしたのが『シミュレーションカーヴィーホーム』。スタジオ閉鎖騒動のときにも彼女についてきた”腹心トレーナー”たちと、ようやく設立したスタジオだった。

ところが、この『カーヴィーホーム』が6月末で閉鎖されるというのだ。その原因は、トレーナーとのトラブルだという。

「トレーナーたちへのギャラの支払い方法を、樫木さんが一方的に変更したのです。そうすることで、樫木さんの取り分が増えたのですが……」 

6人のトレーナーたちは抗議したが、樫木はまったく聞く耳を持たなかったという。

「結局、樫木さんとトレーナーたちの溝は埋まらずじまい。とうとう樫木さんは”6月末でスタジオを閉鎖する”と決めてしまったのです。実質的な”全員クビ”という通告でした」

かつて樫木の下で働いたスタッフの1人は言う。

「有名になるにつれ、スタッフと顔を合わせることも減って……。“銭ゲバ”になってしまったんです
 
スタジオの営業が終わった夜9時。出てきたトレーナーの1人に声をかけた。

「樫木さんに言いたいことはあるけれど、言っても仕方ありません……。残念なのは、生徒さんに迷惑をかけること。巻き添えにしたようで、本当に申し訳ないと思っています」

 言葉少なに吐露し、やり場のない無力感をにじませて去って行った。前回の騒動の際、樫木は「オーナーが悪い」と言い、被害者を装っていた。だが、今回も、やはり原因は樫木本人だ。彼女は今回の騒動で、こう言い放ったという。

《(トレーナーたちは)カーヴィーというブランドに甘えて、努力をしていない。全員クビにする!》
 
トレーナーたちの心中はいかばかりだったろう――(以上女性自身)


樫木さんは、「今回の報道を受けて」と題した発表文を公式サイトに掲出。トレーナーへのギャラの支払い方法を変更、トレーナーからギャラについて抗議を受けたという事実はないことを明言した。

6月末での閉鎖は事実だが、「7月以降の動向はスタッフとも話し合い、6月末で渋谷のスタジオの運営は終了し一つの箱ではなく各々独立して頑張ることになったのです。私が一方的に決めたことではありませんと断言します」と円満なものであることを強調。「実質的な全員クビという通告というのは事実無根であります」と報道内容をキッパリ否定した。

さらに「この件につきましては、弁護士と法的手続きを進める方向で検討をしているところです。今後の方針が決まりましたら、なんらかの形でご報告させて頂く予定です」と法的措置も検討していることを伝えた。(以上トレンドニュース)


ネットでは、「またですか〜(笑)この人学習能力ゼロですね。同じ事の繰り返し…。そして誰からも信用されなくなる…」「今となっては、沈黙を守ったヒロミは大人だったな」「前回の件は、神田うのやSHIHOらが原因だと思ってたけど、実は全部この人に原因あったのかな、って思えてきた」「何回もトラブったり、どんな状況、場所でもノースリーブにアームウォーマー貫く異常さみてるとメンヘラなのかなーって思う」「芸能人だけ相手にする専属トレーナーやればいいんだよ。どうせ一般人を相手する気はないんでしょ? 」「この人、人の上にたつ能力ゼロなんでしょ。 金や経営の事とかを自分で考えず、 雇われでインストラクターやっているのが一番お似合い」「こう開いて閉じてを繰り返してるとなぁ いい加減見向きもされなくなるだろ」などの声が。

タレントのヒロミさんが経営するスタジオで雇われトレーナーだった頃の独立騒動も含めると、今回で3度目のトラブルになります。

2013年にもオーナーとトラブルになり、1年でスタジオ閉鎖。そして今回も開設1年でのスタジオ閉鎖ですから、さすがに樫木さん自身に問題があると思われても仕方がないかも…。
 
樫木さんは今後、東京・六本木に新スタジオを開設するとしていますが、短期間で2度もスタジオ閉鎖しているとなると、トレーナーの才能はあっても経営者には向いてなさそうですし、トレーナーを雇ってスタジオを持つのではなく、芸能人などセレブの顧客を相手に出張トレーナーとしてやっていった方がいいのでは…。

果たして新スタジオでは上手くいくでしょうか。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に