俳優の榎木孝さん(59)が、5月20日から30日間の「不食」生活を続けていることが分かった。18日に終える。摂取しているのは水のみで、体重は9キロ減ったという。榎木さんは15日夜、『スポーツ報知』のインタビューに応じ、今回の思い切った行動を起こすきっかけや、体に及ぼしたさまざまな変化を明かした…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング



 修行僧のような姿ではなかった。榎木は痩せているものの元気で顔色も肌つやもいい。「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」

 この間、万が一に備え、専門家の指導を仰ぎ、都内の研究室に泊まり込み、ここから仕事へ。摂取は水のみ。血糖値や塩分対策で1度あめ玉を補給しただけだ。採血、検尿、心電図を毎日検査しているが異常はなく、9キロ減った体重はいま71キロをキープしている。

 飽食時代。04年ごろから「不食」本が注目され始めたが、榎木は20代からインド中心に一人旅を続け、飲まず食わずで帰国後、いつも体調が良くなっていることに着目。短期間の「不食」を何度も経験してきた。「食べないと死ぬ、という恐怖感が良くない」。スケジュールを調整し、1か月間の実験を敢行。さまざまな変化が起きた。

 「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」

 榎木は、この経験はあくまで個人の体験に基づくもので研究の第一歩だと強調。「これを強制するものではないし、私自身、食文化を否定しません」。無事に「不食」を成功させると、2日後にはテレビの“食レポ”の仕事が待っているそうだ。

 ◆不食、絶食、断食とは いずれも「食物を体内に入れない」という点では共通しているが、「絶食」は主に医療行為やダイエットなど、なんらかの目的のための行為を、「断食」は主に宗教的な行為に対して呼ぶことが一般的。食欲と闘わずして食べない行為が「不食」と位置づけられている。(以上スポーツ報知)


この報道でマスコミ各社から問い合わせがあり、榎木さんが急きょ囲み取材を行いました。

「僕自身がこの反響に一番、驚いています」。この間の排便についても触れ、「食事中の方、すいません。この1か月間に計3回あり4、5日目に宿便と思われる黒い便が。20日目ごろに腸壁と呼ばれるものが出ました。よく腸が動き、オナラが出ます。お風呂でかいだら無臭でした」などと丁寧に説明した。

 集まった取材陣も、常識ではちょっと考えられない体験を、何の苦痛なくこなし、にこやかに話す姿に「お腹がすかないって、本当にあるんですか?」「食べ物の夢を見ませんか?」など、半信半疑の質問が相次いだ。

 榎木は「不食」に賛否両論の声があることも把握しており、「決して同じマネはしないでください」と強調。宗教とのかかわりにも「どのオカルトにも宗教にも加担していません。強いて言えば、榎木教でしょうか?」といつもの物静かな口調で話していた。(以上スポーツ報知)


ネットでは、「なんかシワシワしてるね…一気におじいちゃんになった感じ」「体調はいいのかもしれんけどイケメンが台無しじゃんか」「なんか変な宗教とかに嵌ってるんじゃない?」「食欲を失うって危険な兆候だろう、医者はついてるようだが・・・ 」「3日程度の断食なら良いって聞くけど、30日って体に悪そう」「30日食べなくても9キロしか痩せないんだね」「空腹や苦痛を感じないって…精神を病んでるからではないのかと心配です」「この人は体に結構脂肪が蓄えられてたからいけたんじゃないの? 筋肉モリモリで体脂肪率一桁の奴じゃとても無理だろ…」 などの声が。

30日間も水以外、一切の栄養を取らずに人って生きていけるものなんですね。

医者の指導の元で行っているようですが、写真を見た限りはげっそりと頬がこけていてあまり健康そうには見えません。30日の不食後に食レポというのも心配ですね…。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に