モデルでタレントの栗原類さん(20)が、25日放送の『あさイチ』(NHK総合)に生出演し、発達障害のひとつである注意欠陥障害ADD)であることを告白した…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

ネガティブですが、なにか? [ 栗原類 ]

ネガティブですが、なにか? [ 栗原類 ]
価格:1,188円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


番組ではこの日「増加!夫の発達障害 苦悩する妻」を特集し、栗原はアメリカに住んでいた8歳の時にADDと診断されたことを明らかにした。

 栗原はその中で「アメリカに引っ越したばかりだったから言語的な問題もあったんですが、担任の先生が、行動的な場面もおかしいと思ったので診察を受けてはどうですかと親に言って、ADDであることが分かったんです」と説明。具体的には「人に合わせなかったり…家出る時間をぴったり決めたり、水を飲まないと授業に参加しないとか、すごいこだわりがありました」などと症状を自ら説明した。

 そんな障害については親や主治医からきちんと説明され「周りの環境があったから今がある」と振り返る栗原。ただ今でも「冷蔵庫のお茶の位置が違うと気持ち悪くて戻しちゃう」など、日常生活でのこだわりはあるという。

 栗原はイギリス人の父と日本人の母を持つハーフ。5歳ごろからモデルとして活動、最近はバラエティー番組への出演で人気を集めていた。

 ADDは多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の一つで、じっとしている等の社会的ルールを守れないことから、小学校入学前後に発見される場合が多い。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「無理矢理キャラ作ってそ〜、嫌だな〜って思っていたけど、そういう事なら納得、むしろ好感持てる」「やっぱりって感じ。それでも思春期前に分かったのは彼にとっては幸いだったね。気づいてくれた先生が素晴らしい」「でも人に迷惑かけているわけじゃないし、仕事もきちんとやってるわけだし、問題ないよ」「発達障害でもこうやってちゃんと稼いでいる人を見れば同じ境遇の人は励まされるんじゃないかな」「自分の弱点もプラスにして、仕事で活かせているじゃないか。立派だよ」などの声が。

独特の雰囲気を持った人なので、それほど驚きはありませんが、カミングアウトするのはとても勇気のいることだったと思います。

栗原さんは幼少期に早期診断をされ、主治医や親から弱点を指摘してもらったおかげで乗り越えられた部分が多かったと明かしており、やはり早い段階で診断されることは大事なんですね。

栗原さんの勇気ある告白で発達障害や自閉症スペクトラム障害への理解が深まるといいですね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に