大手予備校・東進ハイスクールの講師で、「今でしょ!」の決めゼリフでブレイクした林修さん(48)が、発売中の『週刊文春』にキャバクラ遊びを報じられた。来店したキャ バクラで「今でしょ!」にかけた下ネタを連発していたという。林先生には産婦人科医の年下妻、林裕子さんがいるが、どうやら夜の街ではしっかり“息抜き”していたようだ…

受験必要論 [ 林修(予備校講師) ]

受験必要論 [ 林修(予備校講師) ]
価格:1,260円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

同誌によると、林氏はブレイク中の9月末、大阪の繁華街・北新地のキャバクラにテレビ関係の連れと来店。

ホステスが席に着くなり「いくら? いくらなら愛人になる?」とホステスを絶句させ、「キミは口が堅い?僕は口が堅くて、下が緩いコがいいんだ」と愛人の“条件”を提示。

専門外の化学分野であるはずの「熱伝導率」をコンドームの薄さに絡めて“講義”し「やっぱ生でしょ」と下ネタを炸裂させどや顔だったとか。さらに、「愛人を探している」と切り出し、「いつ愛人になるか?今でしょ!」と決めゼリフを口にしたという。

「林氏本人が明かすには『今でしょ!』はある年の夏期講習で1回使ったらそこが同予備校のCMで使われてブレイクしてしまったという。

しかし、どうやら夜の街では決めゼリフを応用して乱用していたようだ。この記事が広まれば、多くの男性たちが実践し“夜の流行語”となるだろう」(テレビ関係者)

林氏には産婦人科医の妻がいるが、どうやら夜の街ではしっかり“息抜き”をしていたようだが、今後、テレビ出演などで大幅に年収をアップさせた今年よりもさらに稼げる可能性がありそうだ。

「東進の知名度アップに多大なる貢献をしただけに、ベースの年収アップは間違いない。

大手芸能プロに所属し来年以降もイベントやテレビの仕事はオファーが途切れないだろうし、まだ出していない、売れるような参考書を何冊か出せば、この先何十年と細かい改訂を加えるだけで売れ続けるので老後も安泰か」(予備校関係者)

とはいえ、今や日本全国に顔が売れてしまっただけに、愛人を囲うのは難しそうだ。(以上リアルライブ)


▼林修さん 妻で産婦人科医の林裕子さん 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ネットでは、「キャバクラくらいハメ外させてやれよw」「そろそろ叩かれる時期か」「本当に愛人でも作ったなら記事にしてくれよ」「キャバクラってこういうこと言うためにあるんじゃないの?」「周りを楽しませたいだけやん」「キャバクラで上品に振る舞ってもな」などの声が。

普段は真面目なイメージありますが、それは表向きだったみたいですね。場所がキャバクラなので、酔っぱらって下ネタを言うくらいは許してあげてもいいような気がしますけど、愛人発言はちょっとマズいかも…。日頃の願望が口に出ちゃったとしたら問題ありですね。

今では冠番組を持つほどの活躍ぶりで、もはや予備校講師というよりタレントです。そうなってくるとマスコミも容赦ないですから、痛いところを突かれないようプライベートでも気を引き締めないといけませんね。

いつもは生徒に教える立場の林先生も、今回ばかりは勉強させられたのでは!?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に