昨年12月に個人事務所が約7500万円の申告漏れを指摘されて以後、芸能活動を休業していた元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(73)が10日、大阪市内で騒動後初めて公の場での復帰記者会見を開き、「ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」と謝罪、芸能活動を再開することを明らかにした。会見で坂東さんは、申告漏れの具体例に、「20年近く、植毛をしてきた。カツラは経費で落ちると聞いたが…」と例に挙げ、会場から失笑が漏れた…

天然板東英二のゆ...

天然板東英二のゆ…
価格:1,050円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


約100人の報道陣が詰めかける中、会見には板東さんのほかに、顧問弁護士が同席。冒頭、板東さんは申告漏れについて「税について無知で認識が甘かった。事務所の金と私の金を1人(のスタッフ)で管理し、どんぶり勘定だったのが原因」としたが、所得隠しに認定されたとされる架空外注費などについては、「(国税局から)認定された事実はない」と否定した。

申告漏れの具体例については明言を避けたが、唯一「20年近く、植毛をしてきた。カツラは経費で落ちると聞いたが、(植毛は)美容整形と同じ(で経費で落ちないこと)と初めて分かった」と例をあげると、会場から失笑が漏れた。

また、10カ月間も事情説明をしなかった点については、「(今回の)報道にショックを受け、思い悩むうちにここまで遅くなってしまった」とし、「これまでの生活態度や発言で他人を傷つけてきたと思う。もう少し他人の心を思い接してきたら、(騒動が)ここまで大きくならなかったと思う。すべて自業自得」と涙を流した。

今後については、個人事務所を閉鎖・清算することは明らかにしたが、一部で報道されたラジオのレギュラー出演については、「どこの局からも何のお言葉もいただいておりません」と否定。「私は仕事以外に取り柄のない男です。お許しをいただけるなら一生懸命お仕事をさせていただきたいし、ファンの皆様には厚かましいですが、背中を押し、手を引っ張っていただきたい」と頭を下げた。

板東さんの個人事務所は昨年12月、名古屋国税局の税務調査を受け、平成23年8月期までの7年間で約7500万円の申告漏れを指摘された。うち約5000万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと認定された。

事務所は修正申告を済ませたが、所得隠しの手口などが問題視され、板東さんは今年3月末までにテレビやラジオのレギュラー番組をすべて降板。また、この日の会見まで公の席にほとんど姿を見せず、今回の問題についての説明を控えてきた。(以上サイゾーウーマン)


明日のとくダネ絶対みるわ」「笑いを取りに行ったか」「とくダネ制作スタッフ『明日のとくダネは植毛部分は編集カットだな…』」 「何故このタイミングで謝罪なのか」「こんな悪いイメージが付いたじいさんにテレビの需要はないだろ」「悪質な所得隠しをやった言い訳にしてはひどいな」「一年考え抜いたギャグなんだから笑ってあげないと」などの声が。

▼坂東英二 20年植毛してきた頭部 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

約1年もの間無言だった坂東さんがこの絶妙なタイミングで会見を開いたのは偶然とは思えないですね。みのもんたさんの騒動や食品メニュー偽装など、立て続けに世間を賑わす騒動が起こり、そこに被せてきたようにしか思えないのですが…

しかも、申告漏れの具体例に植毛・カツラを挙げるなんて、問題の本質を逸らすためとしか思えません。

それよりも架空の外注費についてちゃん と説明してほしかったです。
芸能界復帰しても、「おかあさん」の黒柳徹子さんはきっと許さないでしょうね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に