“あやや”こと松浦亜弥(26)がw-inds.の橘慶太(26)と結婚し、引退が間近だと報じられている。昨年8月に子宮内膜症であることを公表し、唯一のレギュラーだった『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)を降板。さらに、今年4月にTwitterの更新を終了させ、表舞台から完全に遠ざかってしまった。精神的に参っている松浦を橘は献身的に支えているという…

【送料無料】笑顔...

笑顔 [ 松浦亜弥 ]
価格:1,050円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

今年5月、長良グループ・長良じゅん会長(享年74)の葬儀に参列した松浦は、全盛期のポッチャリとした肢体とはかけ離れたヤセ細った身体で登場。約半年ぶりに公の場に現れた彼女の激ヤセぶりに、ネット上では「07年のレーシック手術の後遺症?」「ガンなのでは?」といったウワサも飛び交った。

現在も病気療養中の松浦だが、やはり激ヤセは子宮内膜症と関係しているのか。

「子宮内膜症は生命を奪われるような疾患ではありませんが、激痛や不妊などの症状に悩まされる病気です。しかし、この病気で体重が低下することは考えにくい。むしろ、ホルモン治療などで体重が増えることが多い」(医療関係者)

そもそも、子宮内膜症は松浦のように仕事を完全に休んで療養しなくてはならない病気というわけではないという。ならば、事実上の活動休止と激ヤセの理由は何なのか。

「05年ごろから人気が低迷し始め、CDの売上や出演番組の視聴率が低調になってきた。AKB48の台頭もあってアイドルとしての旬は過ぎ、うまく歌手や女優にもシフトできなかった。その焦りによって鬱状態になっていたようです。それが激ヤセの直接の原因かは分かりませんが、精神的に相当参っていたのは確かです」(芸能関係者)

プライベートでは、10年間にわたって交際と破局を繰り返してきたw-inds.のボーカル橘慶太(26)と同棲生活を始めたと昨年末に報じられた。

「橘は、頑張りすぎて傷付いた松浦の姿を見て『自分が守らなきゃ』という思いを強くしていると周囲に話している。結婚を視野に入れた同棲のようです」(週刊誌記者)

かねてから松浦は、「25才までには結婚して、仕事は辞めるつもり」とインタビューなどで語っていた。病気を患ったうえに結婚が見えてきたことで仕事に対するモチベーションが下がり、活動休止状態になっているとも考えられる。あややの元気な歌声をまた聞きたいというファンの思いは根強いが、精神が蝕まれるほどの厳しい世界である芸能界から離れ、女の幸せを手に入れた方が彼女のタメになるのかもしれない。(以上メンズサイゾー)


昨今のアイドルブームで松浦さんの当時の人気ぶりがどれほど凄かったのかを改めて感じます。
橘さんとは交際も長いですし、いつ結婚してもおかしくないですね。純愛を貫いた結婚は多くの人に祝福されるでしょうし、10代で働き詰めだった分、これからはペースダウンして、充実した私生活を送ってほしいです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に