バラエティー番組『まさはる君が行く!ポチたまペットの旅』(テレビ東京)で大型犬ラブラドルレトリバーと全国を旅する“松本君”こと松本秀樹さん(39)が、ツイッターで知り合った一般女性に、不倫関係や変態メールなどを雑誌「週刊女性」で暴露された。また、犬好きの人柄の良いお兄さんというのはキャラだと関係者が語った・・・

まさお君とだいすけ君 [ 松本秀樹 ]

まさお君とだいすけ君 [ 松本秀樹 ]
価格:560円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

「手錠に目隠しプレー」「毎日変態メール」の衝撃見出しで、女性誌上で不倫相手に関係をバラされた松本。その女性とは3年前の秋にツイッターで知り合い、昨春まで関係が続いた。「あの記事に書かれてることは全て事実ですよ」と、事情を知る犬業界の某関係者が明かす。

「松本は売れる前にいいとこの娘さんと“逆玉婚”し、個人で立ち上げた犬絡みの会社を夫婦で切り盛りしてたんですが、子づくりでモメて、別れる別れないの話にまでなってました。そんな時、ツイッターで犬関係の質問を受けた女性と個人的に知り合い、ずっと不倫してたんです」

その熱の入れようはハンパじゃなかった。「地方のイベントが終わり、さあ打ち上げという時に、松本は酒を飲まないのをいいことに盛り上げ役をお付きのマネジャーに任せ、自分はさっさとホテルに直帰。東京から自腹で呼んだ女性と、マネジャーにも内緒で部屋でイチャイチャしていたこともあったそうです」

聞けば、女性が松本に怒ったのは「LINE(無料通信アプリ)で一方的に別れを切り出されたから」だという。

「女性からのクレームで、所属事務所は昨夏には事態を把握。双方でずっと交渉をしてました。昨年末、雑誌で暴露記事になるという話を耳にした松本側は、某大手芸能プロお抱えの弁護士を代理人として雇い対抗。結局、記事にならずホッと年越しした直後、その記事が出てしまったんです」

松本は2000年、テレビ東京系で始まった動物番組内の一コーナー「まさお君が行く!!ポチたまペットの旅」で旅人に抜てきされ、初代旅犬まさお君と全国を回り一躍“犬業界のアイドル”に。一昨年には香取慎吾(37)が松本役で主演した映画「LOVE まさお君が行く!」にもなった。世間的には犬の専門家的な位置付けだが、「犬を飼い始めたのは割と最近」と明かすのはテレビ関係者だ。

「まさお君が06年末、その息子の2代目旅犬だいすけ君が11年の末に死んで『ポチたま』が注目され、さすがに相棒のラブラドルを飼わないわけにはいかなくなったのです。大型犬可のマンションに引っ越して、翌12年6月にデビューした3代目まさはる君と同居を始めたんですよ」

テレビでは人柄のよさそうな“犬のお兄ちゃん”というふうだが、お笑い関係者によれば…。「あれはキャラ。昔、お笑いコンビを組んでいたころはヒドいやつだった。相方に裏で指示して、酒席で後輩芸人を殴らせたり、また金を借りて返さなかったり…。だから『ポチたま』で人気が出た時はみんな『アイツ、うまくやったな』と陰で言っていたし、松本の昔を知る芸人たちが集まると“悪口大会”になる」

芸能プロ関係者からもこんな証言が。「我が強く、犬関係の資格を取ったりと何でも自分でできちゃうから、所属事務所もコントロール不能なんだって。だからマネジャーもベテランじゃなく、中堅どころを付けてるんだとか。でも今回の不倫騒動で弁護士費用が相当かかり、さすがにそれは本人に出させようという話になってるみたい」

聞けば、テレ東や本人ブログなどには水面下で苦情が多数寄せられたそうだが、「松本自身は最近、もう開き直っている」という。ただ「ポチたま」が不倫とは到底縁遠いほのぼのした番組だけに、視聴者やスポンサーの苦情度合いによっては、春の番組改編で主役降板や最悪打ち切りもあるだろう。火遊びの代償は高くつきそうだ。 (以上東スポ)


ネットでは、「人良さそうなやつのほうが普段はこんなもん」「いい人キャラで売ってた人が、裏の顔とか女関係とかバラされるとキツいだろうな」「ブログでは奥さんの存在がまったく触れられてないから不自然だなと思ってたんだがこういうことか」「そんなに意外な感じがしないのはなんだろうか」「視聴者はまさはる君しか観てないからどうでもよい」「次から次へと犬が早死にするから犬が可哀想でもう見なくなった」 「結婚してた事に驚いた」などの声が。

▼放送作家が明かす ポチたまで松本くんを抜擢した理由▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

犬好きの人柄の良さそうなお兄さんというのは表向きの顔で、素顔は正反対だったのでしょうか…。
動物関係の資格を8つも取得する努力家な一面や、東日本大震災の際に被災地の動物を保護するボランティアを行うなど、動物に対する愛情はキャラで作ってるとは思いたくないですね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に