猫ひろし(34)がカンボジア国籍を取得し、ロンドンオリンピックマラソン出場権を獲得した。
マラソンを始めて4年の猫ひろし。実力的には五輪出場レベルにまで達していないこともあり、ネットでは五輪を辞退を勧める批判が相次いでいる・・・
詳細は⇒ブログランキング


カンボジア国籍を取得しロンドンオリンピックのマラソンに出場が決まった、お笑い芸人の
猫ひろしさん(34)に対し「オリンピック出場を辞退させよう」との呼びかけがネットで広がっている。

スポーツ選手が国籍を変えるのはままある話だが、猫さんのマラソンの実力はそれほどではなく、
カンボジアの有力選手の出場枠を「奪った」ようなもので、カンボジアに貢献するどころか恥を
かかせてしまうことになりかねない、という理由からだ。

猫さんは2012年3月26日にオリンピック出場の会見を東京都内で行った。ここでは「あくまで芸人として五輪の舞台に立つ」ことを宣言した。スタートの「ニャー」で勢いをつけ、ゴール後に最高の一発芸をかますのだと言う。

2012年2月5日に行われた別府大分毎日マラソンでは50位で、自己記録を7分縮める2時間30分26秒だった。カンボジアにはマラソンでオリンピック出場の基準を満たす選手はゼロだが、「特別枠」として猫さんが選ばれた。

本格的にマラソンを始めてから4年。今後はオリンピックに向け日本をベースに調整を行い、お笑い芸人も続けていく。カンボジアにはレースがある時に帰国する。

4月半ばにカンボジアで五輪選手団の会見が行われ、そこに参加する予定になっているが、ネットでは「猫ひろしにオリンピック出場を辞退させよう」といった呼びかけが起こり、それが拡大している。理由は、記録がオリンピックレベルではないのに国籍まで変え出場を決めたのは何か裏があるのではないか、という「疑惑」だ。

また、元日本人がカンボジアに恥をかかせてはいけない、というのもあり「猫ひろしが選ばれる訳が無いんだよ、本当はな」「カンボジア代表なら、日本から出てカンボジアに住んでから国を背負って出て欲しいわ」「問題なのは売名行為、カネが絡んでいるのが見え見えな上、他国の出場枠を奪い取り、スポーツの祭典をギャグとやらで侮辱すると公言している事」といった批判が展開さ
れている。(以上2ちゃんねるニュース速報+ナビ)


猫ひろしさんの五輪出場には様々な意見がありますよね。
しかし、カンボジア国内で猫さんの出場が正式決定されたのだから、出場してもいいとは思います。
でも、ゴール後に一発芸をするとか、五輪のレースを軽く扱う行為はして欲しくないですね。
五輪に全てを捧げている選手もたくさんいらっしゃいます。その方達にどうか失礼な結果にはなりませんように・・・

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に