globeのボーカルで、音楽プロデューサー・小室哲哉(52)の妻のKEIKO(39)が24日、
くも膜下出血で都内の病院に救急搬送され、5時間にわたる緊急手術を受けたことがわかった。
KEIKOの所属事務所であるエイベックスが詳しい病状や手術の経過についての現状を公表した・・・
CRUISE RECORD 1995-2000
詳細は⇒ブログランキング

所属事務所エイベックスなどによると、24日夕方、KEIKOは都内の自宅
で、眠りから目を覚まし、起き上がろうとしたところ、後頭部に激しい痛みを
感じたという。そばにいた小室がすぐに119番。小室に付き添われ、都内の
病院に救急搬送された。

くも膜下出血と診断され、25日未明から、約5時間に及ぶ緊急手術が行われた。
現在はICUにおり、言葉は発せないものの、意識はあり、小室の問いかけに、
相づちを打ったり、手を握り返したりしている
という。

エイベックス関係者は「発症してすぐに、小室氏が適切な処置(通報)を行った
ため、最悪の事態は回避できたようだ」と話した。手術は成功したというものの、
術後数週間は後遺症や再破裂(出血)の危険もあり、予断を許さない
状況だ。

一睡もしないまま、KEIKOに付き添い、看病を続ける小室は、25日
午後、所属事務所を通じて「この度は、ご心配をおかけいたしまして、申し訳
ございません。病院関係者のみなさまのご尽力のおかげで、手術も無事に成功
いたしました。KEIKOも精いっぱい頑張っておりますので、引き続き見
守っていただければと思います」とコメント。大分県臼杵市で料亭を営む
KEIKOの母・喜美代さんも25日夕に上京し、愛娘のそばに付き添って
いる。

関係者によれば、KEIKOの体調は良好で、病気の兆候はなかった。
ツイッターの更新は20日が最後。「TK(小室)忙しいですよ。勝手につられ、
バタバタしてます」とつぶやいていた。(以上デイリースポーツ)


無事手術が成功し、意識も戻ったということで一安心ですね。後遺症がどれほど残るのかが
心配されますが、まずは命が助かってなによりです。一日も早い回復をお祈りします。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に