SMAPの木村拓哉さんが工藤静香さんと結婚したばかりの頃、近所に住む女子大生の愛犬ひき逃げしてしまった、という噂が数年前から流れている。にわかには信じがたいが、被害に遭ったという女子大生を知る近所の主婦の証言によると、どうやら噂は事実のようだ…

開放区2 [ 木村拓哉 ]

開放区2 [ 木村拓哉 ]
価格:1,995円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 そのウワサの内容はというと、当時、報道陣やファンなどが家の周りを常にうろついていたことにキムタクは苛立っていた。そんなキムタクが車に乗り込んで出かけようとしたところ、近所に住む女子大生が通りかかった。彼女は愛犬の散歩中だった。この女子大生をやらかし(悪質なおっかけ)だと思い込んだキムタクは、威嚇するつもりで車を幅寄せした。女子大生は狭い道路で突然迫ってきた大型の車と塀の間に挟まれてパニックになり、犬のリードを離してしまったのだ。

 飛び出した犬は、そのままキムタクの車にひかれて亡くなってしまう。犬をひいたことに気づかなかったのか、キムタクは車から降りることなく走り去った。訳もわからないうちに愛犬を失ってしまった女子大生は激怒し、地域の自治会役員に事の一部始終を報告した。役員はこの女子大生と亡くなった愛犬を深く憐れみ、ジャニーズ事務所に連絡をとったのだが――。

 にわかには信じがたいが、これがウワサされている、「キムタク愛犬ひき逃げ事件」のあらましだ。今からおよそ10年前に起こったとされるこの事件の真相を確かめるべく、目黒にある現場に向かったのだが、都会の真ん中でありながら人通りも少ない地域で、さらに当時のことを知る人物を探すのは難航した。何人もに話しかけ、無駄足だったかと思い始めたとき、ついに被害に遭ったという女子大生を知る近所の主婦に話を聞くことができた。

「その女子大生はKちゃんといって、目黒にある神社の近くにある木村さんの家の近所に住んでいました。木村さんの家の周りに張り込んでる報道陣にいつもしつこく話しかけられたり、ファンらしい集団にじろじろ見られたりして、ただでさえKちゃんは日常的に迷惑をかけられていたんです。ワンちゃんがひかれた直後は、とにかく元気なかったですね。犬種は確かポメラニアンだったと思います。事件の後、事務所の女性マネジャーが見舞金を持ってKちゃんの家に謝罪に来たそうですけど、『悪質なファンと間違えた』とか『木村もかなり精神的に参っていまして』など言い訳ばかりだった上、木村さん本人が来なかったことにKちゃんが腹を立てていたのを覚えてます」

 その後、Kさん一家は目黒から転居してしまい、今回の取材では本人と接触することはできなかった。しかし、前出の主婦の紹介で、当時の事情を知る自治会の役員・Tさんに話を聞くことができた。

「確かにそんな話がありましたね。といっても、知っているのは近所でもごく一部の人間だけだと思います。私自身も詳しい経緯はわかりませんが、あの頃はとにかくマスコミだとかファンの人がしょっちゅう集まっていて、迷惑駐車や騒音、ゴミのポイ捨てなどが問題になっていました。そのことを工藤さんのお宅(当時キムタクは静香の家に同居中)に相談したところ『(木村の)事務所を(クレームの)窓口にしてくれ』という指示があったようなので、ひき逃げの件もそちらに連絡が行ったんでしょう。Kさんには事務所から『マスコミに何か聞かれても相手にしないでください』という申し入れもあったようですから、示談か何かで穏便に済ませたんだと思いますよ」

 Kさんと示談交渉したとされるジャニーズ事務所にも何度か問い合わせてみたが、

「そういった用件は、宣伝部のS担当なんですが、まだ出社しておりません」
「担当者のSは、出社前に立ち寄るところができたようで、まだ会社に来ておりません」

など、いつ連絡をしても「担当者不在」という状況で、折り返し連絡が来ることもなく、残念ながら回答は得られなかった。

 もし、このウワサが事実だとしたら――車の幅寄せをはじめとした木村の一連の行為は、犯罪に当たる可能性もある。それゆえに、ウワサの真偽を確認したいのだが……。

 皮肉なことに、木村はフレンチブルドッグのハニー、パグのベベを飼っており、メディアでも広く愛犬家を公言している。日本中の愛犬家たちが注目するであろうこのウワサ、事務所が沈黙を守るのなら、日本一有名な愛犬家として、木村自身が真相を明らかにする日が来ることを願わずにいられない。(以上サイゾーウーマン)


木村さんが犬をひき逃げしたという噂は初耳です。デマであってほしいのですが、当時の事情を知る主婦や自治会役員の証言に嘘はなさそうですし、限りなく事実に近そうです・・・。
ジャニーズ事務所も担当者不在を理由に逃げている感がうかがえますし、事実無根であれば即否定するでしょうからね…。

愛犬家の木村さんも心を痛めていたことでしょう。
木村さんが女子大生に対して誠意ある謝罪があったことを願うばかりです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に