児童養護施設を舞台にした日本テレビのドラマ『明日、ママがいない』の内容が差別的だとして抗議が殺到している問題で、番組スポンサーの全8社が27日までにCM放送を打ち切ることを決めた。日テレは最終回の第9話まで放送する方針で、29日放送の第3話は公共団体ACジャパンのCMが流されるという…
続きを読む⇒ブログランキング

連続ドラマ「明日、ママがいない」が児童養護施設の団体などから内容改善を求められている問題で、日本テレビの大久保好男社長は27日、定例記者会見で「抗議や申し入れは重く受け止めるが、最後まで見ていただければ私たちの意図が理解していただける」として、当初の予定通り全9話を放送する意向を明らかにした。

 一方、番組スポンサーの花王、三菱地所、小林製薬は同日、29日放送の第3話について、CMをACジャパン(旧公共広告機構)の公共CMに差し替えることを決定。番組を提供しているスポンサー全8社がCM放送を見合わせる異例の事態となった。

 会見で、佐野譲顕制作局長は「最終話までストーリーは完成している」と、脚本や演出の大幅な変更は予定していないと明言。「子どもたちの視点から愛情とは何かを描きたい」と、あらためてドラマのテーマを説明した。

 ドラマをめぐっては「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する慈恵病院(熊本市)や全国児童養護施設協議会が「養護施設の子どもや職員への誤解や偏見を与えかねない」として放送の中止や内容改善を求めている。

 ビデオリサーチによると、関東地区の視聴率は第1話で14・0%を記録、注目を集めていた。 (以上スポニチ)


ネットでは、「スポンサーの立場からすると当然の判断ですね」「まぁ消費者を無視しては商売できないからな」「こんなの出てる子役たちが可哀想だよな」 「社長が変な大見得を切らなければフェイドアウトできたのに」「もっと低俗且つ下品な番組のスポンサーも下りろよ」「どうせ流せるCMがないなら一時間まるまるドラマにすりゃいいのに」「ドラマ好きなのにACだらけとか震災思い出すからやめろよ」 「今度はACに抗議が行ったりしてなw」などの声が。

CM自粛はスポンサーの判断なので制作費に影響することはないようですが、それにしても全社見合わせって前代未聞なのでは?
それだけスポンサーへ抗議が殺到したということなんでしょうね…。

▼『明日、ママがいない』中国でも話題に 中国人の反応は?▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に