タレントのスザンヌさんの夫、プロ野球・ソフトバンク斉藤和巳コーチ(35)が先月29日、現役復帰断念を発表した。2人は2011年に結婚。夫の現役復帰に向け、内助の功で支えていたスザンヌさんだったが、復帰は果たせず、31日付でコーチの職も辞して退団することとなった。
斎藤さんは失職、スザンヌさんも仕事が減っているだけにお財布事情は厳しくなるとなる思いきや、実際の2013年度の年棒は、そうでもないようだ…

【送料無料】Oh!スザンヌ...

【送料無料】Oh!スザンヌ…
価格:2,940円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


「きっとすごく辛かったと思う日々を、弱音もはかず毎日頑張ってる姿を近くで見て、尊敬するばかりでした。でもたくさんの頑張りかたを見せてくれたことに感謝です」

 スザンヌ(26)の“泣けるブログ”がちょっとした話題になった。内容は、夫で先月29日に現役復帰断念を発表したソフトバンクの斉藤和巳(35)について。これに「感動した」とファンからのコメントが殺到していた。

 ファンがけなげなスザンヌを応援したくなるのも、プロ野球選手とタレントの“ゴージャス夫婦”にしては、斉藤の収入が多くないとされているから。今季の年俸は推定1500万円と、プロ野球選手としては高くない。しかも、斉藤は前妻への慰謝料と養育費を支払っている。スザンヌも決して仕事が順調ではなく、東京ではレギュラー1本。イベント出演などの仕事も少ない。福岡ローカルのレギュラーも1本しかなく、露出は減少。収入といえば、料理本の印税と、夫婦で切り盛りするカフェの売り上げ程度。引退後の生活を考えたら夜も眠れない……というのは、どうやら余計なお世話らしい。

「公称こそ年俸1500万円ですが、実際は今シーズンも『0』を1つ足した額をもらっているともっぱら。開幕15連勝で16勝1敗を上げた05年のオフは、3年7億5000万円プラス出来高で契約更改。でも07年に6勝したのを最後に、右肩が限界を迎えて戦線離脱。手術した08年から一度も一軍のマウンドに上がることなく引退したが、複数年契約の切れた09年も2億、翌10年も1億2000万円で契約した。コーチ契約となった11年からも、実際は功労者として1億円以上をもらっているというウワサです」(プロ野球関係者)(以上ゲンダイネット)


コーチになってからも現役選手並みの年棒を貰っていたんですね。
コーチの年収は数千万くらいだそうですから、斎藤さんは異例ということでしょう。
残念ながら引退となりましたが、斎藤さんは副業だったカフェの経営が順調のようですし、一気に無収入になることはなさそう。これまでの蓄えもあるでしょうし、今後はゆっくり夫婦の時間を過ごすのではないでしょうか。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に