『AKB第5回選抜総選挙』で初の1位に輝き、AKB48の32枚目シングルのセンターの座を射止めたKT48指原莉乃(20)が13日、福岡・博多のHKT48劇場で凱旋公演を行った。そこで指原は、秋元康総合プロデューサー(55)から総選挙選抜の新曲が「音頭に決まった」「タイトルはびっくり音頭」というメールが届いたことを明かした…

続きを読む⇒ブログランキング

 指原は公演終了後に故郷・大分市の実家に帰省。14日には大分市役所を表敬訪問する。新天地・博多で初ステージを踏んでから約1年。15万を超える票を集め、AKBグループの頂点に立った指原が、博多のファンへ凱旋報告。さらに、ショッキングな自身初センター曲の内容について明かした。

 「移籍して本当に良かったと思います。皆さんあってのセンターなので」という感謝の言葉を口にした後、唐突に「秋元先生から『曲が音頭に決まった』というメールが来ました」と発表。会場が笑いとどよめきに包まれる中、「せっかくならかわいい曲がいいなと思っていた中での『音頭』なので、楽しみにしてください」とアピールした。

 衝撃のメールは公演開始直前に届いた。「ショックでした」と振り返ったが、その気持ちを隠し、「うれしいです。楽しみにしてます。頑張ります」と返信したという。続けて「曲名は『びっくり音頭』です。地方の音頭をモチーフにしたそうです。まだ確定ではないみたいですけど…」とメールの内容を次々に明かし、肩を落とした。

 予感はあった。総選挙翌日、「あややさん(松浦亜弥)が歌うようなかわいい曲がいいんですけど、秋元先生のことだからそうはしてくれないと思う」と話していた。「『日本中の人が踊るといいね』と書いてあったので、そういう狙いがあるんじゃないですか」と、必死に意義を見いだそうとした。

 祝福ムードいっぱいにに包まれた“凱旋公演”のステージ。「『おめでとう』と言われるのはうれしいですね」と喜んだものの、新曲への複雑な思いは最後まで消化できず、「音頭はショックですけど、楽しみです」と言い残し、家族の待つ故郷・大分へと向かった。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「秋元による指原イジメかw」「さすがにこれはコケそうだ」「狙いすぎだな」「どうせこれでも100万枚以上売れるんだろ」「ねじり鉢巻にふんどしなら見てやる!」「音頭はいいと思ったが、びっくり音頭ってタイトルはないわ」「どんな歌なのか逆に気になってきた」「センター取ったご褒美がこれって、さすがに少し可哀想になって来た」などの声が。

指原さん初センターの曲は明るいコミカルな感じになりそうですね。他のメンバーだったら違和感がありますが、指原さんならしっくりきそう…。
ただ、この曲は話題性重視で売り上げは二の次という雰囲気はありますね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に