AKB48大島優子(24)が18日、映画『悪の教典』の「AKB48特別上映会」に出席したが、映画鑑賞中に涙が止まらなくなり、上映後に退場した。その後に出席が予定されていた会見には姿を現さず、「この映画が嫌い」と異例の映画批判して話題になっている…

【送料無料】悪の教典 -...

悪の教典 -序章ー [ 伊藤英明 ]
価格:3,591円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

観賞後、大島は肩を震わせ、号泣しながら退席し、控室に戻った。その後、映画を見た38人のAKB48メンバーと主演の伊藤英明(37)らによる会見に同席する予定だったが、急きょ欠席した。

スタッフによると、伊藤演じる教師に生徒が次々と殺されていく同映画の内容にショックを受けた
ためだという。

大島は「私はこの映画が嫌いです。人の命を大切にしないことは、認めません。命が奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。『映画だから』と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はダメでした」と異例の批判コメントを発表した。(以上日刊スポーツ)


本特別上映会は、同グループの総合プロデューサー秋元康が作品のエンターテインメント性と芸術性に感銘を受け、メンバーの勉強のために企画された上映会。貴志祐介のベストセラー小説を伊藤英明主演で三池崇史監督が映画化した本作は、生徒に慕われている人気教師・蓮実(伊藤)が、自己の目的のためにクラスの生徒全員を殺す姿を描いた問題作で、その残忍な描写からR15+(15歳以上鑑賞可)指定されていることでも話題になっている。

大島のほかに、柏木由紀、秋元才加ら計38名のAKB48メンバーがこの日の上映会に参加し、主演の伊藤、三池監督も駆け付け舞台あいさつを行った。映画を観終えたばかりの同メンバーの前に、突如ショットガンを手に現れた伊藤。その姿に場内は悲鳴に包まれ、秋元は「こんなに怖い映画を観たのは初めて。それに英明さんがショットガンを持って登場したのが本当に怖かった」と体を震わせながらコメントした。(以上シネマトゥデイ)


「この映画が嫌いです」と発言し物議を醸した大島さんは19日、自身のブログで映画関係者に謝罪しました。

ブログの冒頭、大島さんは「ニュースにもなったりと、お騒がせしました 伊藤英明さん、三池監督、関係者のみなさん、ご心配おかけしました」と映画の関係者らに謝罪した。

大島さんはブログで「あまりにスクリーンの中に感情移入してしまい、取り乱してしまいました…ごめんなさい」と退席した理由を説明したが、「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」とつづり、再び映画を批判しブログを締めくくっている。(以上J-CASTニュース)


ネットでは、「大島さんの感想が普通の人間のものだと思う」「秋元が絡むと、全てが予定調和」「プライベートで観に行っての感想なら構わないけど…」「スポンサーはこれはコレでオッケーなの?」「まあ、殺される場面が多いと見るのしんどい」「宣伝の仕方も色々あるんだな」「変に合わせようとする柏木などよりも 合わすことなく自身を貫く大島のほうに好感を持てたな」「泣くのは勝手だけど、つまり会見はドタキャン欠席したってことだよね?」「気持ちは分かるが四六時中、泣きすぎじゃないか?この人」などの声が。

普通は映画を全否定するようなコメントをマスコミに公表するなんて有り得ないと思いますが…。
そのあたりがプロモーションの一環のような気がしてしまいます。感性は人それぞれですし、いろんな意見があってもいいと思いますけどね。

ただ、発言力のある人の言葉としては「この映画いが嫌い」はちょっと配慮が足りなかった気がします。「苦手です」「ショックでした」と、もう少しオブラートに包んだ言い方でも良かったのでは!?
秋元さんは『悪の教典』でメンバーに何を学ばせたかったのでしょうか。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に