twitterツイッター)のフォロワーをオークションで購入したことを明かしたお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん(33)が、18日、 同行為がTwitterの利用規約に反していたとして謝罪した。この一件でフォロワーを売っていることを初めて知った人も多いという。そんな中、声優でタレントの平野綾さん(26)がツイッター復活したが、不自然なフォロワー数増加で『フォロワー購入疑惑』がネット上でささやかれている…
続きを読む⇒ブログランキング

「『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒ役で大ブレイクを遂げた平野でしたが、2010年に出演した『グータンヌーボ』(フジテレビ系)で自身の恋愛エピソードを披露したことで、アンチが爆発的に増加。 11年には、ゴシップ誌でバックバンドのメンバーとの“ニャンニャン写真”が流出し、ファンまでも呆れさせてしまいました。Twitterでは、アンチからの攻撃に延々と反論をつぶやいたり、その耐性のなさが問題視され、ついに昨年5月、公式情報をつぶやくだけのアカウントとなり、事実上のTwitter引退となりました」(芸能ライター)

今年2月には、2日間限定で本人によるTwitterを復活させたが、現在は公式情報のみが配信されている。 人気絶頂期を経た今、Twitterのフォロワー数は日に日に減る一方のようだが、20日、21日、そして23日となぜか新規フォロ ワー数が激増しているというのだ。

「昨年、平野自身がつぶやかなくなってから、フォロワーはどんどん減る一方だったようで、4月に入ってからは、1日あたり少ない時で約30人、多い時で約100人減ってしていました。 しかし一転、20日に一気に新規フォロワーが1,482人増え、21日には4,662人増え、22日に550人減りましたが、24日にはまたも1,217人増えました。 この急増に対し、ネットユーザーの間で『フォロワーを買ったのではないか?』とうわさがでているんです。 新規フォロワーのアカウントは、アイコンが設定されておらず、ほとんどつぶやいてもいないため、購入の信ぴょう性がさらに高まります」(同)

「虚栄心丸出し」「落ちるとこまで落ちたな」などと辛辣な意見が寄せられているが、フォロワーを増やして話題性を高めたいという企業向けに、フォロワーを販売する業者は後を絶たない。(以上サイゾーウーマン)


ネットでは、「氷山の一角だろ ツイッター芸人はみんな似たようなことしてるんじゃないの」「変わった商売があったもんだ」「本人がつぶやかねーのにフォロワー買ってどうすんの?」「この人に限らず、芸能界なんていかに一般人を騙すかだもんな」などの声が。

もしフォロワー買収が事実だとしても、公式情報をつぶやくだけのツイッターになっていたということは、平野さんではなく事務所がやったことなのでは?

ちなみに、ツイッター9億7400万アカウントのうち約44%が一度もツイートしてないという調査結果がアメリカのWall Street Journal誌で明らかになったそうですから、そういったアカウントが多数存在するのは事実のようです。

平野さんの場合は本人のツイートがなくなり、フォロワーが減っていく一方のだったにも関わらず、フォロワー数が毎日のように数千数百単位で急増したことで怪しまれることとなりましたが、もしかするとバレていないだけでフォロワーを買っている芸能人が他にもいるかもしれません ね…。

ネット上では炎上商法を狙っているという声もありますが、今後の平野さんの対応次第ではそう見られる可能性も考えられます。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に