俳優・市村正親さん(66)が4日、テレビ朝日系で放送された『40年突入記念!出張!徹子の部屋パート8夢トークお宝映像SP』に出演。昨年7月に胃がんが見つかり、手術を受けたが、その際の“命の恩人”が妻で女優の篠原涼子さん(41)であると明かした…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

リョウコちゃん [ 篠原涼子 ]

リョウコちゃん [ 篠原涼子 ]
価格:1,234円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 市村は昨年7月27日に胃がんを公表し、舞台を降板。8月2日に腹腔(ふくくう)鏡手術で胃の半分を切除し、9月3日に復帰会見を開いた。

 胃がん発見のきっかけは篠原と外食した時だったという。「仕事で疲れてたんですね。で妻とご飯を食べに行って。サバを食べたんだけど、妻が『色がよくないから、食べない方がいい』って。で、あたっちゃったんです」。

 すぐに病院に行ったが、同行した篠原が「こんなに痛がってるんだから、CT(スキャン)から内視鏡から全部(検査)やってください」と頼み、念入りに検査。「それで(胃がんが)見つかったんです。それがなかったらねえ…」と“恩人”である妻に感謝した。(以上デイリースポーツ)


夫が脳梗塞の異変に気付いた磯野貴理子さんなど、配偶者のおかげで病気が早期に見つかることってよくあるんですね。

最初に病院に行った時は急性胃炎という診断だったそうですから、篠原さんが医師に検診を頼まなければ病気が進行していたかもしれません。

術後の調子が良さそでなりよりです。6歳と3歳のお子さんのためにも、まだまだ健康で元気でいなくちゃいけませんね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に