嵐ファンマナーの悪さや痛いファンの様子が度々取り沙汰されているが、またしても一部ファンによるマナー違反が問題となっている。嵐が訪れたCMロケ地北海道・上富良野町にある通称「嵐の木」がファンによって荒らされ、不法侵入やポイ捨て、盗難事件まで発生する騒ぎとなったのだ。年々深刻化する嵐ファンのマナーは改善するのだろうか…

STORM LOVER 夏恋嵐 イベントDVD

STORM LOVER 夏恋嵐 イベント
価格:6,090円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング


 ロケ地は、JAL(日本航空)のCMでメンバーが訪れた北海道・上富良野町にある通称「嵐の木」。草原の中に5本のカラマツがそびえ立つこの場所は、5月下旬のオンエア開始後、大勢のファンが訪れ、たちまち観光名所に。

 突然の観光客相手に、地元では便乗商売も続出。近隣農園では、嵐の曲を流しながら、“5本の木”キーホルダーを販売。地元観光協会も、木を見るためのバスツアーなどを企画したという。

 しかし、マナーの悪い一部のファンが原因で、騒動に発展。ここは私有地であるため木に近づくことはできないが、不法侵入者は後を絶たず、駐車違反やゴミのポイ捨て被害も続発しているという。現地には「私有地につき立入り禁止」の看板が立てられ、JALの公式サイトでも立ち入らないよう呼び掛けているが、「嵐の木と一緒に写真を撮りたい」という欲求は抑えられないようだ。

 ある時には、盗難事件が発生し、パトカーが出動したことも。観光客と毎日のようにトラブルとなっていた土地の所有者は激怒し、被写体としての価値を下げるため、わざわざ2本の木を植えて“7本”にしてしまった。

「ここ数年、嵐ファンのマナーの悪さが深刻化しています。先月も、新宿駅に貼られた日替わりポスターに、連日、大勢の女性ファンが押し寄せ、長い時間座り込んで撮影。警備員の指示も聞かず通行人の妨げとなったり、男性が前を横切るだけで罵倒したりと問題だらけ。110番され、警察沙汰になった日もありました。同時に、ポスターの前で土下座したり、メンバーの股間に顔をうずめるなど奇行も目立ち、それがネット上で広まったことで、嵐ファンの評判は一気に下がっています」(芸能ライター)

 ファンの数が多ければ、それだけ問題が発生しやすいのは当然。しかし、これ以上騒ぎが続けば、嵐のイメージにまで影響が及ぶ可能性もあるだろう。(以上日刊サイゾー)


▼嵐フェスティバル(アラフェス)場外に人だかり 嵐ファンのマナーが痛い▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ほとんどの嵐ファンは良識のある方だと思いますが、ごく一部の人間の迷惑行為の方がどうしても目立ってしまうため、嵐ファンはマナーが悪いと世間は受け止めてしてしまうのでしょうね。

不法侵入や盗難事件って、もはやマナーとかモラルの問題ではないような…。

昨年、国立競技場で開催された「嵐フェスティバル(アラフェス)」に、チケットをもっていない会場に入れなかった大勢のファンが場外に集まり、付近住民などから苦情が殺到する事態が起きました。今年も9月にアラフェスが開催されますが、同じような問題が起こらないといいのですが…。
人として最低限のマナーは守ってほしいものです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に