俳優・岩城滉一さん(63)のヘイトスピーチが大問題となっている。今月7日、『メンズビゲン グレーヘア』の新CM発表会にイメージキャラクターとして登場した際、岩城さんは「日本のサッカーを見ていると、コイツらナニ人なの? と思う」とコメント。イタリア人選手と比べ「猿なのか、オランウータンなのか」と差別的な発言をし、批判が殺到しているのだ。ネット上では岩城さんが在日韓国人であることから、「売国奴」「国に帰れ」などとバッシングが飛び交っている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

南へ走れ、海の道を!/岩城滉一

南へ走れ、海の道を!/岩城滉一
価格:2,721円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



 7日、「メンズビゲン グレーヘア」新CM発表会が開かれ、イメージキャラクターを務める岩城滉一が出席。CMでは、若き日の岩城が映し出されるシーンがあり「昔よりは考えるようになった。昔は『コイツ殴りたい』と思ったらすぐ殴ってたけど、躊躇するようになったね」と語ったまではよかったが、その後、話はあらぬ方に脱線。岩城は突如、サッカー日本代表について話し始め「最近の日本のサッカーを見ていると、“こいつらナニ人なの?”と思う。イタリアの選手とかは見ればイタリア人だなと分かるけど、日本の選手見てると、猿なのか、オランウータンなのか。(髪形なども)真似ばかりして、自分に合っているのかどうかが分かっていない。日本は真似以外のことができない」と大放言したのだ。

 イベント後の囲み会見でも、発言の真意を追及する記者に対して「元はといえば、みなさん(マスコミ)が悪い。ちゃんとニュースを報道しないから」と逆ギレ。「(問題発言について)オレに“なんで?”って聞くってことは、そうは思わないわけ?」と続け、一触即発の空気になったという。

 慌てたスタッフが「そろそろお時間が……」と制止しようにも、岩城は「時間は大丈夫だから」とお構いなし。これには主催者も「発言内容は、あくまで岩城さんの個人的な見解に基づくもの」と困惑しきりだったという。

 岩城に近い関係者が明かす。

「実は最初、イベントのトークショー、囲み取材に事務所側は乗り気じゃなかったんです。理由は『岩城が何を言い出すかわからないから』で、一度は囲み取材は断ったそうです。ところが、PR会社を通じて再度お願いされ渋々OKしたのだとか。一方で岩城さんはノリノリで『俺にしゃべらせろ!』という雰囲気を醸し出していたそうです。その結果がこのザマ。事務所側は『あの時止めとけば……』と後悔しているでしょう」

 現在、ネット上では、岩城が在日韓国人であることから「売国奴」「国に帰れ」など聞くに堪えないバッシングが飛び交っているが、それも元をただせば自分でまいた種。

「せっかくCMのイメージキャラクターに起用されたのに、すぐに打ち切りになることは決定的です。最悪の場合、事務所側に違約金が発生する可能性もあります。テレビの仕事に影響を及ぼすことも考えられますね」(代理店関係者)

 もはや、誰も岩城の暴走を止められないようだ。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「仕事の場でこんな発言する人間よりオランウータンの方が頭いいと思う」「置かれてる立場が全然理解出来てないとか素人以下だろ」「メンズビゲンは買わない事にします」「昔俺は悪かった的な事を、さもカッコイイみたいに言う人苦手」「これは立派なヘイトスピーチですね」「ホーユーは契約解除して、これまでに掛かった経費を損害賠償請求すればいい」などの声が。

岩城さんはすでに在日韓国人であることをカミングアウトしており、本名は「李光一」だそうです。

以前「おしゃれイズム」に出演した際、「結婚たって俺が韓国でカミさんがスウェーデンだから日本で籍を出すとこがないわけよ」と発言しており、帰化はしていないことになります。

在日韓国人の日本人批判としてネット上では批判の声が相次いでいますが、今回の岩城さんの発言は国籍関係なく差別的であり、問題だと思います。

猿とかオラウータンという例え?は日本人にはピンときませんが、韓国では日本人を揶揄するときに「サル」と言ったりすることがよくあるみたいです。人間の祖先はサルなんですけどね…。

岩城さんの発言で企業イメージが下がったことはネットユーザーの反応を見れば明らかですし、実際、ホーユーには批判の電話が殺到しているとか。しかし、岩城さんをイメージキャラクターとした広告展開は予定通り行っていくそうですから、今後も議論を呼びそうです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に