昨年、俳優の松山ケンイチ(27)と結婚し、今年1月に第一子となる男児を出産した小雪(35)。その小雪のギャラが1千万円も大幅ダウンしているという。その原因となったのが、出産後に行われたイベントでの小雪の育児ストレス発言が元凶らしい…

【送料無料】生きてい...

生きていく力。 [ 小雪 ]
価格:1,365円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

「意外なところでは、小雪さん(35)が3千万円から2千万円と下げているんです。1千万円の大幅減です」

そう語るのは、大手広告代理店関係者だ。本誌はこの関係者から大手広告代理店が作成したCMギャラリストを独占入手。そこには今年前半と後半のCMギャラが並んでいる。

価格は実際に有名人本人のもとに渡る額ではなく、あくまで広告代理店がクライアント企業と交渉する際に基準として用いられるものだ。しかし、そこには今期の波乱に満ちた芸能界の事情が如実に表れていた。

スキャンダルがあまりに多かったため、安定株女優にオファーが流れているという今期のCM業界。そんななかで価格を下げていたのが、今年1月に出産した小雪(35)だった。前出の大手広告代理店関係者はこう語る。

「出産後の2月に行われたイベントで『子どもが可愛いと思えなかった』と発言したことが大きいようです。ママタレント全盛のいま、子どもに対してマイナス意見を言うのはご法度。育児の大変さを言いたかったのでしょうが、妙なイロがついてしまいました。共感の声もあるんですけどね……」(前出・大手広告代理店関係者)

一方、CM界で安定した人気を誇っていた夫の松山ケンイチ(27)。だが、今後の状況次第では彼のギャラが下がることもありえると、前出の大手広告代理店関係者は話している。

「3千万円で抜群の安定感だった松山ケンイチも、大河ドラマの惨敗で様子見の動きが強まっています。さらに視聴率を下げるようなら、CMへの影響も大きくなるでしょう」(以上女性自身)


『子どもが可愛いと思えなかった』という部分だけがクローズアップされてしまいましたが、コメントの前後を読むと、さほど問題発言でもないと思うのですが…。

「最初の(産後)1ヶ月は疲れがひどくて、こんなこと言ったらあれですけど、子どもがかわいいと思えなかった。男の子とあって、繊細でよく泣くので、1時間おきに起こされて、寝れなくて、思考能力も落ちたりした」と子育ての苦労を吐露。それでも、今では次第に慣れてきているといい、「(愛息子が)笑うようになったり、寝る時間も増えてきたので、泣く要求に対しても楽しめてきてる。かわいいなって思うようになってきました」と心情の変化も明かしていた。(以上オリコン)


この発言についてネットでは、「こういう事は思ってても他人に言うものじゃないんじゃないか?」「正直だね。小雪嫌いだったけど好きになった」「前半の疲れが酷いはめちゃめちゃ同意だが、後半のかわいいと思えなかった、はありえないと思う」「真面目に世話した証拠だよ」「1ヶ月未満児を世話してる最中に「子育て楽しい~!」とか言えちゃうのって、よっぽど周りが世話してくれてるんだと思う」「小雪、正直だな。好感度あがったわ」「育児経験ある人からは好感度アップするだろうけど育児経験無い人からは批判されるだろう」「正直に言えばそれでいいとでも?」「苦労して苦悩して育てるからいとおしくなるんだよ」などの声がありました。

育児で苦労した経験のある女性からは共感の声も多いようですが、快く思わない人もいるみたいですね。
それほど非難されるような発言だとは思いませんが、誤解を招きやす発言には注意が必要のようです。インタビューに答える女優さんも大変ですね・・・。 

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に