TBSアナウンサーの小林麻耶(33)が、かつて職場でイジメに遭っていたことをブログで激白した。挨拶しても無視をされた経験を語り、「本気で職業を変えようと思った」と深刻に悩んでいたことを明かした…

【送料無料】まや・日...

まや・日記 [ 小林麻耶 ]
価格:1,575円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

周囲から無視されたり、上司からいじめられたりして悩んでいるブログ読者からのコメントに応える形で、「私も会社に入ってからありましたよ!」と自身の経験を打ち明けた。

職場で挨拶をしても無視されるといういじめに遭った小林は、「まさか大人になって小学生みたいなことをされるなんて想像もしていなかったので、かなりショックが大きかった」と当時を振り返る。同期に相談するなどして悩み抜いた結果、挨拶が返ってくることが当たり前だと考えることをやめると心に余裕ができたという。そうすると「今日は疲れてらっしゃるのかな」など相手のことも考えられるようになり、次第に相手も挨拶を返してくれるようになったとのこと。

また職場で「嫌なことを言われる」というコメントについても、「これも本当に辛いですよね。私も経験あります。いつも顔を合わせる上司ならなおさらですね」と共感を示す。「最初は言われるたびに泣いてばかりいました。アナウンサーは向かないから、本気で職業を変えようと思ったこともありました」と深刻に悩んでいたことを明かした。

「でも、落ち込んでいても泣いていても何も状況は変わらないし始まらないので、私はたとえイヤミでも..『言ってくださって感謝』って思うようにしました」「そこで、言われたことを感謝して、一つ一つ直してしまうというのはどうでしょうか?」とそんなつらい状況を前向きに乗り切る方法を同じ悩みを持つファンに伝授した。コメント欄には、小林の実体験を含んだ親身なアドバイスに励まされたという声が多数寄せられている。(シネマトゥデイ)


ネットでは、「会社と濁しつつもTBSと断定できてしまう」「可哀相だけど、どちらかといえばあのぶりっ子的な感じは同性からは嫌われるだろうね」「男からしたら可愛いんだけど女からしたら癇に障るのかな」「かつての職場の事をばらすところはプロ意識ゼロ」「誰にやられたのかが気になるな」「女子アナの世界って絶対ドロドロだろうね」などの声が。

どこの世界も似たり寄ったりですね…。先輩アナとしては、大学生の頃に「恋のから騒ぎ」に出演し、新人の頃から注目される存在だった小林さんに嫉妬心などもあったのかもしれません。特に女子アナは人一倍プライドが高い、なんて言いますし、裏では色々ありそう…。

しかし、これからのTBSにお世話になることもあるだろうに、こんなことを言ってしまって大丈夫でしょうか?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に