今年7月に第一子となる女児を出産したばかりの小林麻央が、早くも第二子男の子を授かろうと
必死だ。“代々続く成田屋の跡継ぎは男児でなければならない”そんなプレッシャーが重く
麻央に圧し掛かっているという・・・
めざまし体操第2【完全生産限定盤】 [DVD]
詳細は⇒ブログランキング


長女・麗禾ちゃんを出産してから4カ月。友人から「この1年は?」と尋ねられた市川海老蔵夫人の小林麻央(29)の答えは意外にも「まあまあの1年」だったという。

「やっぱり、後継ぎとなる男の子を産まないと、本当の意味での梨園の妻になれないんだなと、つくづく感じたようです」(歌舞伎関係者)

東日本大震災が起き、世の中が騒然としている中、どさくさにまぎれて?7月の新橋演舞場『七月大歌舞伎』公演で復帰した名門『成田屋』の御曹司・市川海老蔵。震災後、海老蔵はその頃身重だった麻央夫人を伴って、友人・知人を頼って京都・福岡へ“避難旅行”。復帰が正式決定後は「7月は俺の月だぁ~」と、吠えまくっていた。

「それでも、新橋演舞場では諸先輩に気を使って、借りてきた猫のように小さくなっていた」(演劇記者)

しかし、先月11月、歌舞伎公演で海老蔵はずっと福岡に滞在していたのだが、その態度は、“元の海老蔵”に戻っていたという。

「“オラオラのエビゾー”が戻ってきたと、関係者はマユをひそめていたそうです」(芸能記者)

そんな海老蔵が留守の11月下旬、麻央が麗禾ちゃんの4カ月健診のため、都内の保健所に現れたという。
「麻央のお母さんも一緒だったそうです。麗禾ちゃんは色白で目鼻立ちがしっかりしていて、どちらかというと顔立ちは麻央の方に似ているようです」(ワイドショー芸能担当デスク)

待ち時間には、母親同士での情報交換もあり、和やかな雰囲気だったが、麻央には他の母親たちには計り知れない重圧がある。

麻央は、『梨園では、男の子と女の子ではこんなに扱いが違うのか…』と感じているんです。生後1カ月後のお宮参りには、海老蔵も團十郎さんも出ず、結局、團十郎夫人と麻央のお母さんと一緒に自宅近くの神社へ出かけた。また100日目の“お食い初め”も、公演で海老蔵は不在でした。男の子だったら、こんなことにはなっていないはずです」(演劇記者)

梨園は男中心の世界とはいえ、子供の行事を夫不在で行うのは寂しいものだ。
「そこで次は、絶対男の子というわけです。SEX教本を参考にしたり、“男の子男の子と念じながら(セックス)する”と、彼女は親しい人に話しているようです」(芸能記者)
以上週刊実話


梨園に嫁ぐと決めた時から麻央さんが一番覚悟していたことかもしれませんね。

とはいえ、こればかりは当人同士の思う通りにはいかないもの。もしも男の子が産まれなかった場合、養子や弟子が継ぐこともできますが、海老蔵さんにしても、團十郎さんにしても孫が、我が子が継いでくれることがやはり一番嬉しいでしょう。

まだ若いですし、これから先、男児を産まない限りこの重圧から逃れるのは難しいようです。
一番大事なのはプレッシャーに感じている麻央さんを海老蔵さんがどれだけ守り支えてあげられるか、のような気もします。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に