事務所社長解任騒動の小林幸子(58)が今月2日、新潟県長岡市旧山古志村にある『幸子田』で“幸子米”の稲刈りを行った。しかし、突然訪れて4束か5束ほど刈り取っただけで3時間後には帰宅した小林に行動に、地元農家からは困惑の声が上がっている…

【送料無料】 CD/小林幸子...

CD/小林幸子…
価格:1,500円(税込、送料込)

詳細は⇒ブログランキング

「突然、押しかけるように何の前触れもなく来られたので驚きました。3時間ほどで、すぐ帰られましたよ」(新潟県長岡市役所関係者)

10月2日、突如、新潟県長岡市を訪れ、“幸子米”の稲刈りを決行した小林幸子(58)。“幸子米”とは、新潟中越地震復興の一環として06年から始まった企画。毎年、幸子や所属事務所元社長、元専務らが、この地で田植えから稲刈りまでを手伝い、“幸子米”と名付けた無農薬のコシヒカリを収穫してきた。

昨年は、東日本大震災の被災地にも届けられた“幸子米”。今年も収穫を終え、小林は満足げだったという。だが、そのいっぽうで、地元住民からは批判の声が上がっていた。地元住民のひとりはこう語る。

「幸子さんは今年、田植えもしなかったし、収穫までまったく連絡をよこさなかった。その間、田んぼは、地元の婦人グループが耕してきたんです。しかし彼女たちにお礼もなく、ときどき自分のグッズを送ってきただけ。それでいきなり来て、ちょっと稲刈りをされても……。パフォーマンスに感じてしまいますよ」

“幸子田”所有者は地元選出の国会議員・長島忠美議員(61)。彼は今年4月、「この稲作は、小林さんと元社長と元専務の3人でやってきたもの。全員にご恩があるので、小林さんひとりの意向だけ受けることはできない」と田植えを望む小林の要請を断った。

「“幸子田”は、元社長や元専務が間に入って地元の折衝をしてきた。田植えや稲刈りも、彼女たちが一緒になって泥だらけで作業をしてきた。そうしたフォローがなくなったから、地元の人からすれば『冷たくなった』と感じたのでしょう」(レコード会社関係者)

稲刈り当日、小林の姿勢にはこんな声も上がっていた。

「稲刈りに来たというのに、彼女はほんの4束か5束ほど刈り取っただけだったそうです。同行した人は田んぼに入るのに長靴すら持って来ていなくて、靴下をはいたまま田んぼに入っていました」(長岡市山古志支所員)(以上女性自身)


▼「幸子田」で幸子米の稲刈りを行っている小林幸子 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

田植えすらしてなかったのに突然訪れて稲刈りだけして帰るとは、農家の方も呆気にとられたでしょうね…。
4月には田んぼの所有者から田植えに参加することを断られているわけですし、相手側の事情も考えずに行動するのはさすがに非常識のように思います。パフォーマンスだと思われても仕方ないかも…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に