女優の宮沢りえさん(40)が12才年下の俳優・小久保寿人さん(28)との手つなぎデート、お泊り愛を『女性セブン』が報じている。同誌には今月6日夜に都内のバーで食事や酒を一緒に楽しみ、宮沢さんの子供(長女4)を伴って都内にある宮沢さんの自宅に入っていく姿を画像入りで掲載。ネットでは4才の娘を連れて11時過ぎまでバーで飲んでいる宮沢さんに対し批判が集まっている…

篠山紀信撮影『宮沢りえサンタフェ』

篠山紀信撮影『宮沢りえサンタフェ』
価格:1,050円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング


 現在出演中の舞台『MIWA』の休演日前日でもあった10月6日の夜9時過ぎ、りえは愛娘(4才)や友人らと都内の雑居ビルの3階にあるバーにいた。途中、友人女性がりえの娘を連れて店の外に出て遊ばせるが、そこで彼女がぐずりだしてしまう。

 その様子を察したのか、りえはバーのベランダから顔を出すと、「いい加減にしないとママ怒るよ! 早く戻って来なさい!!」と言って娘を叱るなどしていた。

 りえの一行が店から出てきたのは夜11時過ぎ。友人のひとりが愛娘を抱っこして先に店から出てきた。続いて出てきたひとりの男性。りえが持っていた青いエルメスのバーキンなど彼女の荷物を代わりに持っていた。そしてりえは、ごく自然な形でその男性の手に自分の手を絡めた。大きな通りに出るまでのしばしの間、その手はつながれたままだった。

 男性は俳優の小久保寿人。りえと愛娘と一緒にタクシーに乗り込むと、そのまま彼女の自宅マンションへと帰っていった。そして、小久保がりえのマンションから出てきたのは、約7時間後の、翌朝6時ごろのことだった。

 りえと小久保の出会いは7月の舞台『盲導犬』(演出・蜷川幸雄)での共演だった。

彼は蜷川幸雄さんの秘蔵っ子のひとり。蜷川さんが若手俳優を育てるために始めた劇団『さいたまネクスト・シアター』の1期生で、20倍以上の倍率をくぐり抜けて合格した逸材なんです。切れ長の目が色っぽくて、一回見たら忘れられない演技をするんですよね」(舞台関係者)

 蜷川氏にはしごかれたが、だからこそ感謝もしているという小久保。『盲導犬』についてのあるインタビューで「宮沢りえさんの初恋の相手役で緊張しないですか?」と聞かれた時も、「それよりは蜷川さんに喜んでほしいから、うまくなったと言ってもらえるようにがんばりたい」と話していた。

「彼のそういう真っ直ぐなところが、りえさんは同じ舞台人としてかわいくもあり、年下なのにすごいなと思っているようでした」(前出・舞台関係者)

 とはいえ、りえは夫のAさん(46才)との別居、離婚協議中であることを公表して1年以上経つが、いまだに離婚成立の話は聞こえてこない。

お互いが娘さんの親権を主張し合っていて、離婚協議は進展していません。りえさんにしてみれば、慰謝料を払ってでも決着をつけたいのですが、Aさんが“とにかく親権だけは譲らない”という態度を崩さず、話し合いは平行線のままなんです」(芸能関係者)(以上女性セブン)


▼宮沢りえ 良き母親ぶりがうかがえる 娘の運動会に参加 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ネットでは、「夜9時に4歳児がバーって…」「親権ヤバくね」「凄いな。娘を連れて夜遅くまで酒場にいるとか」「離婚協議中にこれはヤバいんじゃないの」「友人女性に子どもの面倒見させて男と酒ってネグレクトやん」「こりゃ父親がひきとったほうがましか?」「夜11時過ぎは子供が寝ている時間じゃないの」「女優としては立派でも人としてどうかってのは別だからな」「色々育て方に問題ありそうだな」などの声が。

▼宮沢りえ 古田新太とも手つなぎデート画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

離婚協議中とあって、宮沢さんは即お泊りを否定しています。

それにしても、11時過ぎまで4歳児を連れてバーにいるなんて、一般的な感覚ではあり得ないです。酒場に小さい子供を連れて行くこと自体、否定的な人もいますし、今回の宮沢さんの行動は物議を醸しそうです。
記事が事実なら完全に夜遊びに子供を連れ出してしるとしか思えず、親としての自覚がないと思われても仕方がないかと…。

夫は娘さんの親権を強く主張しているそうですから、今回の報道はかなりマイナスになりそうですね。

▼宮沢りえ 小久保寿人と共演した【盲導犬】画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に