安藤美姫さん(27)の元コーチで元恋人だったニコライ・モロゾフ氏(39)が週刊誌『フライデー』の取材に、「ミキはかつて私の子供を身籠ったことがある」と衝撃告白をして話題になっている。さらに、挙式の当日に安藤さんがドタキャンしていたことも明かした…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

My Way 安藤美姫写真集 安藤美姫

My Way 安藤美姫写真集 安藤美姫
価格:3,240円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング


いったい何がしたいのか、どこに向かっているのか、その自由奔放さに歯止めがきかなくなってきたのが最近の安藤美姫(27)である。

そんな安藤について、かつての恋人&コーチだったニコライ・モロゾフ氏(39)が、フライデーの取材に答えて、驚きの新事実を明かしている。モロゾフ氏は、11年夏にモスクワで安藤美姫と挙式を挙げるはずが、当日彼女にドタキャンされて、大恥をかいたというのだ。

原因は、「彼女の母親が私のことを異常に嫌っていたから」だという。

さらに、フライデーはモロゾフ氏に「ではアナタがひまわりちゃんの父親なのか?」と突っ込んでいる。

安藤美姫は今年の元日、スペイン人スケーターのハビエル・フェルナンデス(23)と自身のSNSで突然堂々と交際宣言、愛娘ひまわりちゃんとの3ショットまで披露した。

それまで、ひまわりちゃんの父親捜しをするマスコミを大批判していた安藤だけに、この行動は賛否両論。「自分の都合のいいときは子供の顔をさらして~」とネット上は大論争になった。で、「ひまわりちゃんの父親が誰なのか問題」が再燃したのである。

さて、モロゾフ氏は安藤の愛娘についてフライデーにこう答えている。

写真を見ればヒマワリが100%日本人なのはわかるでしょう。父親が誰なのか私は知らないが、父親を公表すると相手の家族に迷惑がかかるということは聞いている。ミキはかつて私の子供を身籠ったことがあるが、不幸にも産むことができなかった。だから二度目は『産む』と決心したのだろう」

安藤美姫はかつてモロゾフ氏の子供を妊娠していたというのだ。ちなみにモロゾフ氏は、安藤の現恋人・ハビエルの元コーチ(複雑だ!)。二人の性格を熟知しているだけに、二人の行く末についても、フライデーで予想している。

さらにフライデーは、ひまわりちゃんと顔がそっくりで、「父親大本命」のスポーツイベント会社A社長にも直撃している。家庭のあるA社長は、フライデーに、こちらもまた驚きの発言をしているのだが、是非フライデーを読んでもらいたい。

ちなみに、ヒマワリちゃん誕生当時、安藤美姫と同棲していて「父親」になる覚悟を決めていたのに、あっさり安藤に捨てられてしまったのが元プロスケーターの南里康晴氏(いや複雑過ぎる!)。

南里氏は、「うっとうしい!」と言いながらも、A社長の写真を見せ「この人が父親か?」と問うと、否定はしなかった。

フライデーの「3人の父親」全員直撃によって、ついに安藤美姫&ひまわりちゃんの父親騒動の真相が明らかになったのである!!(以上フライデー)


ネットでは、「モロゾフそんなにぶっちゃけていいのかよ」「え?モロゾフの子を身ごもったけどおろしたってこと?」「こればらして誰か得するのか」「何かもう…訳わからん。 振り回される周りは大変だね」「出産を公表したすぐ後に『二度目の妊娠、もう生むしかなかった…』って週刊誌に書かれてたよね?」「というかさ、アスリートでそれも日の丸しょって世界に出ていく人が避妊もきちんとできてないの?」「挙式ドタキャンは、モロゾフ可愛そう… けど、ペラペラしゃべるのはちょっと違うかと…」などの声が。

モロゾフ氏は「不幸にも産むことができなかった」としか言ってないので、中絶なのか流産なのか定かではありませんが、ひまわりちゃんが初めての妊娠ではなかったわけですね…。驚きです。

実は一昨年、『週刊現代』が安藤さんについて「妊娠は二度目」と報じました。同誌は「過去にモロゾフ氏との子供を授かったが、その時は出産に踏み切る決心がつかず中絶せざるを得なかった」と伝えているのですが、まさか本当だったとは…。

それにしてもモロゾフ氏はなぜ今になってこんなことを言い出したのでしょうか?恋人だったとはいえ、現役選手の教え子を妊娠させたというのはコーチ失格であり、モロゾフ氏にとってマイナスなことだと思いますが、よほど腹に据えかねていることがあったのか…。

この元恋人の告白に安藤さんがどんな反応を見せるのか気になるところです。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に