11日に日産スタジアムで行われたサッカー日本代表VSイラク代表戦の観戦に訪れたフィギュアスケーターの安藤美姫さん(27)がインスタグラムで、フィギュアファンをこき下ろしているようにも受け取れる発言をして波紋を呼んでいる…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

空に向かって増補版 [ 安藤美姫 ]

空に向かって増補版 [ 安藤美姫 ]
価格:822円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 11日、日産スタジアムで行われた「キリンチャレンジカップ」の日本代表vsイラク代表戦を観戦した安藤は、興奮冷めやらぬ中、翌12日に自身のインスタグラムを更新。日本代表のブルーのユニフォームを着た写真をアップし、「やっぱりスポーツは生観戦がイイ!」と大絶賛した。

 さらに、会場の雰囲気を伝えようと、試合の様子を撮影した動画を3本投稿。「本当に沢山の方々が来るんだなぁって、あったかかったなぁ」と振り返り、「スケートを応援して下さってる方も本当にあったかいけど、人を観に行くじゃなくスケートを観に行こうになってほしい…スケートもこんな風になったらいいな」と続けた。

コメント欄では、そんな安藤の発言に対して違和感を覚えたフィギュアファンが次々と声を上げ始め、一時はファン同士が罵り合う“大荒れ”状態に。

人を観に行った中からスケート自体を好きになってくれる人もたくさんいるので、人を観に行くことを否定されちゃうのはなぁ><特定の選手に注目が集まるのは、フィギュアに限らないですよ>など厳しい意見が寄せられた。

 中には、<個人競技と団体競技を比べること自体間違ってますよね>との指摘や、<人を観に行くお客さんは歓迎されないんですか?>という質問もあり、特定の選手を目当てにフィギュアの大会に訪れることを、批判されているように受け取る人もいたようだ。

 幸か不幸か、現役のときから何をしても注目を集めてしまう安藤。「ミキティ」ブームに振り回され、伸び悩んだ選手時代を思い出してしまったのだろうが、フィギュアファンは複雑な心境だ。(以上日刊スポーツ)


ネットでは、「言いたいことは分かるが言葉に棘があるなぁ」「思ったことをそのまますぐ言ってしまうから。言おうとしてることをちょっと考えれば、自分を応援している人にはどうかなと思えるかもしれないのに」「サッカーでもフィギュアでも競技そのものが純粋に好きという女性は少ないよね」「スポーツとして性質が全然違うからああなればいい こうなればいい って全く無意味だよな」「言い方がまずいんだよなぁ 安藤さんはいつも 活躍する選手達を通してフィギュアという競技自体にもより関心を持ってくれる人が増えたら嬉しい って感じにおさえとけばいいんだけどね」「サッカーには個人選手ファンがいないと決めつけてる口ぶりだけど普通にいると思うんだよね 団体競技だからチーム全体を応援してる体になるだけで」などの声が。

サッカーはファンが一体となって応援するので、その雰囲気がいいなと思ったんでしょうね。団体競技と個人競技の違いもあるのでサッカーとは少し違うと思いますが、フィギュアスケートを好きになってほしいという気持ちから出た言葉だと思います。

人気選手がいることでその競技が注目されることも多いですし、人に興味を持ってから競技の面白さを知ることもあるので、人を観に行くことにそれほど否定的にならなくてもいいのでは。

安藤さん目当てでショーを観に行くファンも多いと思いますし、観戦マナーを守っていれば、スポーツの楽しみ方は人それぞれでいいと思いますけどね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に