1月1日に長女・ひまわりちゃん(1)の顔写真インスタグラムで初めて公開したフィギュアスケーターの安藤美姫さん(26)が、一夜明けた2日早朝に再びインスタグラムを更新し、SNS上に相次ぎ書き込まれている自身への批判コメントに反論した…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング


 安藤は、「新年早々失礼します。ただちょっとだけ。“Hate(憎む、嫌う) Love(愛する)”の話」と前置きすると、「コメント欄にちょこちょことネガティブなコメントが新年早々あったので。私の事が嫌いだったりするのは構いません。ですが、新年からSNS上でネガティブな嫌味なコメントは控えて頂きたいです」とキッパリ。

「私はもう何を言われようと傷つきません」とした上で、「ですが、中にはコメントを見て嫌な思いをされる方や私のかわりに傷ついてしまう私の大切なファンの方もいます。そういう方の事を思うとやるせなく思い失礼させて頂きました」と、反論を記すに至った心境をつづった。

 さらに、「私の事が心から嫌いなのであれば見なければいいし、気にしなければいいのではないでしょうか?本当に嫌いな人の事って気にもならないでしょ? でもこんな風にコメントするという事は、どこかで気になっているから」と指摘し、「“HateとLove”って実は同じ。心が現すもの。イコール あなたにはまだ心があるって事。もし理解していただけるのであれば幸いです。私の人生は私のもの。あなたのものではありませんから」などと持論を展開した。

 安藤は1日、交際中のフィギュアスケート男子のハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)、長女ひまわりちゃんと一緒に写った3ショット写真をインスタグラムに公開。コメント欄には長女の顔写真を公開したことの是非について賛否が相次いでいた。(以上日刊ゲンダイ)


安藤美姫さんのコメント全文です。

新年早々失礼します。
ただちょっとだけ。 “Hate(憎む、嫌う) Love( 愛する)” の話。
何で?と思うかもしれませんがコメント欄にちょこちょことネガティブなコメントが新年早々あったので。
私の事が嫌いだったりするのは構いません。
ですが、新年からSNS上でネガティブな嫌味なコメントは控えて頂きたいです。
私はもう何を言われようと傷つきません。
ですが、中にはコメントを見て嫌な思いをされる方や私のかわりに傷ついてしまう私の大切なファンの方もいます。
そういう方の事を思うとやるせなく思い失礼させて頂きました。
私の事が嫌いだったりコメントがしたいならご自分のアカウントで私を名前だけタグ付けしたりDMで送ったらいかがでしょうか?
そうしたら私だけがあなたのメッセージを見られますし、他の方が嫌な思いをされなくてすみます。
ただ 1つだけ、私の事が心から嫌いなのであれば見なければいいし、気にしなければいいのではないでしょうか?
本当に嫌いな人の事って気にもならないでしょ?
でもこんな風にコメントするという事は、どこかで気になっているから。
そしてあなたが何か幸せではないからだと思います。
“HateとLove”って実は同じ。 心が現すもの。 イコール あなたにはまだ心があるって事。
もし理解していただけるのであれば幸いです。
私の人生は私のもの。 あなたのものではありませんから。
あなたはあなたの人生をまず見て幸せになってください。
100%幸せな人なんていない。
ただ 人を傷つけるのって1番してはいけないんじゃないでしょうか?
世界中の全ての人とわかり合うなんてできません。 出会う事も出来ません。
だから 今同じ時間を過ごしている空で繋がってる世界中の人 そして出会えた事に感謝してみては?
私は賛否の意見どちらも関係なく嬉しく思います。
だっていろんな方の意見や気持ちを知れるから。
こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。m(_ _)m
(以上インスタグラム)


ネットでは、「こんなコメント出すから余計に嫌われるんだよ」「子どもを守るために顔は出さないって話だったのに、今は年下の彼氏とのことをアピールしたくて子どもの安全のことなんかもうどうでも良くなったのかね」「自分は傷つかないけどファンが傷つくって言い方が汚いわ。結局何でも人のせいにして被害者ぶるんだね」「安藤の言い分もわからんでもないけど、あえて晒す3ショットでもない気もする」「前半は理解できるけど、後半うざいね」などの声が。

確かに、叩くためにSNSを見て批判コメントを送るのは問題だと思います。行き過ぎたアンチの行動は目に余るものがありますからね…。

ただ今回、ひまわりちゃんの顔を公開したことに対して批判のコメントをした人の多くは、「犯罪に巻き込まれたくないから顔は公開しないんじゃなかったの?」という指摘がほとんどだったとか。

安藤さんは昨年8月、娘・ひまわりちゃんの顔を晒さすことについて弁護士同席で行った記者会見で、「日本は安全な国って言われてますけど、誘拐とか知らない所で殺人とかいろいろありますので、そういったことから守りたいなと思い、顔は伏せています」と発言しています。

言ってることと行動が矛盾しているため、批判が出たのでしょうね…。

子供を守るために顔は公開しないというスタンスだったのが急に変わったわけですが、安藤さんの中でどういった心境の変化があったのでしょうか?

ひまわりちゃんを心配して批判した人もいるでしょうし、すべてを誹謗中傷と受け止めたのなら残念ですね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に