お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんの妻で所属事務所社長の太田光代さんが3日、自身のツイッターでフジテレビに対して怒りを露わにしている。フジテレビ製作の映画『ジャッジ!』のヒロインの役名「大田ひかり」が太田光さんに酷似しているにも関わらず、事前に連絡がなかったことが原因のようだ…
続きを読む⇒ブログランキング


問題となっているのは、フジテレビと松竹がタッグを組んだ映画「ジャッジ!」(11日公開)。主演の妻夫木聡が落ちこぼれ広告マンの「太田喜一郎」役を、ヒロインの北川景子が同僚の「大田ひかり」役で出演している。

光代さんは、3日、「私、今日知ったの。松竹さん。CX(※フジテレビ)さん。あらぁ何これ?大田ひかりって何これ?」と驚いた様子でツイートした。

爆問は、かつてフジテレビで「ザ・ジャッジ!」というバラエティー番組を持っており、この番組タイトルに酷似していることにも、カチンときているようで、「CXで、爆笑問題で、、、なに?これ?もう嫌だわ。笑っていいともも終わるし」と噛みついた。

光代さんは「おおたひかりって、そんなにいないし。本名でも、タレントの名前は商標なのね」とタレントを管理する事務所社長の立場からも、チクリ。

「だから、一言、言ってくれたら、、、関係的に酷いわ」とフジとのこれまでの関係がありながら、酷似した名前を劇中で使用することに対する、事前連絡がなかったことにショックをあらわにした。

よほど、気分を害されたのか、3時間後にも再びツイート。「妻夫木聡さんも北川景子さんも大好きです」と2人に罪はないことを前置きした上で、「広告代理店の脚本の方が、太田光を、おおたひかりを知らなかった?としても、CXの方は気づかなかったのでしょうか。あまりにもショックです」とつづり、「どなた(か)が伝えてくれれば面白いですね。って話になるだけなのに」と、一声かけてさえくれれば、パロディーとして面白おかしく何の問題もなく受け止めたのに、と残念そうな様子だった。 (以上デイリースポーツ)


ネットでは、「その程度で…ひくわ」「これはただの難癖だねぇ」「そんなに発狂することなのか」「むしろわざわざ宣伝のお手伝いしてるようにしか見えない」「もしこれがバーニング、吉本、ジャニ相手なら作った側は配慮するだろな」「笑っていいともも終わるして今回の事と何の関係ないよな」「こういうクレームつけるのも芸能事務所の社長の仕事だよ」「同じメディアに出る業界の者同士なら、製作側は配慮するべきだと思うけどな」「ちょっと失礼な感じもするし、一言
あってもいいってのは同意だが突っつき方が良くないな」などの声が。

漢字も性別も違う上、ものすごく珍しい名前とも言い切れず、微妙なところですが、芸能事務所社長の立場で抗議すること自体は何ら問題ないと思います。ただ、ツイッターで恨み節をつぶやいたのは完全に間違いでしたね。
まずはフジと松竹へ直接抗議するのが先であり、表沙汰にするのものでもないと思います。
お互いに持ちつ持たれつの関係なんですから、社長自身が事を荒立てては元も子もないかと…。

当の太田光さんはどのように思ってるのでしょうかね?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に