モデルの冨永愛と料理研究家の園山真希絵との二股交際騒動の渦中にある俳優・塩谷瞬を4月29日生放送のTBS系「サンデージャポン」で痛烈批判した放送作家のテリー伊藤。そのテリーが番組終了直後に塩谷から生電話から入っていたことを、6日の同番組内で明かした。塩谷はテリーへの電話の際にも泣いていたという…

詳細は⇒ブログランキング

先週放送された番組中で「(塩谷は)ろくでもない男で、あいつは『結婚しよう』が口癖」と暴露し、「金が大好きな男。金のニオイがするところにどんどん行く。ダメだな」と批判。「塩谷、反論があるんだったら、来週(番組に)来い。お前の死に場所はここだ」と厳しい
口調で本人に呼びかけていた。

テリーによると、生電話は非通知でかかってきた。テリーの携帯の番号を知らないため、番組関係者の電話にかかってきたようだが、非通知の電話には出ない主義というテリーが応対せず、緊急会見終了後の今月1日、2度目の電話があり、応対。その時の状況について、「塩谷は微妙に泣いてるんですよ。オレに泣いたってしょうがないだろ!って。しかも『冨永(愛)さんの家族と逢ったのはパーティで偶然会った(だけ)。園山さんとの結婚話はそこまで(具体的に)言ってない』って言うんだよ」と“暴露”した。

言い訳がましい塩谷に、テリーが「そういうのじゃなくて、悪に徹してやった方がいいんじゃないの」と諭すと、電話口の塩谷が「また泣いちゃった」という。

テリーに対し、塩谷は東京と大阪の舞台終了後には「サンジャポ」に「出る」と口にしたという。結婚の約束は守れなかった塩谷だが、この“約束”は果たして守られるのか!?テリーは最後に「塩谷ここへ来て死んでくれ、そしてもう1回はい上がれ、それしかお前の人生はねえんだよ!」と再び本人に呼びかけた。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「あんたは塩谷の何なんだ?コメンテーター=偉い人と勘違いしてるね」「確かに塩谷はろくでもないが、便乗するテリーもどうかと思う」「相変わらず、弱い奴にしか強く出れないんだねぇ」「電話の際にも泣いていたってバカじゃないの?」「めそめそする男はますますかっこわるい」などの声が。

塩谷さんの二股については同情の余地もありませんが、生放送で一方的に塩谷さんを中傷するのはどうなんでしょうか・・・。テリーさんだけでなくマスコミもそうですが、立場が弱い人間にはとことん攻撃的だという印象を受けてしまいます。
塩谷さんが男として最低のことをしたことには間違いありませんが、ここまで多くの人に責められる必要があるのか?という思いも、今回の件を大きく報じるマスコミを見て感じるところです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に