俳優の堺雅人さん(41)が、日本テレビの4月スタートの新水曜ドラマDr.倫太郎』で、天才的な洞察力と人間力を持つスーパー精神科医を演じることが明らかになった。『花子とアン』『ドクターX ~外科医・大門未知子~』などを手掛けた人気脚本家・中園ミホさんさんが手掛ける…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


堺が地上波の連ドラに出演するのは、2013年10月~12月放送のフジテレビ系ドラマ「リーガルハイ」以来約1年半ぶり。日本テレビ連続ドラマの主演を務めるのは初となる。

堺演じる大学病院に勤務する41歳の主人公・日野倫太郎は、内閣官房長官を常連患者に持ち、コメンテーターとしてテレビ出演もこなすスーパー精神科医。本作は、あらゆる病める心を解きほぐしてきた倫太郎の前に、どうにもこうにもコントロールできない心を持った女性が現れ、地位も名誉も財もある何不自由ない倫太郎のこれまでの人生が狂っていくさまを、笑いと涙と恋愛を交えて描き出す大人のエンターテインメント。『謝罪の王様』「Woman」などの水田伸生が演出を手掛け、 「Mother」「デカワンコ」などの次屋尚がプロデューサーを務める。

「今の日本、心の栄養が足りないのかもしれません。心を病んでいる人も少なくありません」 と話す脚本の中園は、以前から堺の大ファンであったことを明かすと、「脚本家のわたしが一番『こんな精神科医がいてくれたら!』と心をトキめかせています」と堺演じる理想の精神科医のキャラクターが見どころであると語った。

一方、演出の水田は、「半沢直樹 VS ドクターX?それはすごいかも!……違う、違います。わたしの仕事は『Dr. 倫太郎』という全く新しいドラマを届けることだ」と気合を入れ、「4月クールNo.1ドラマを目指し、腕まくりして頑張ります!」と意気込んでいる。“視聴率男”の呼び声高い堺と豪華スタッフ陣のタッグとあって、注目を浴びる一本となりそうだ。(編集部・吉田唯)

ドラマ「Dr.倫太郎」は4月より毎週水曜午後10時~11時に日本テレビ系にて放送(以上シネマトゥデイ)


ネットでは、「おもしろそう!!」「相手役の女優による」「えー リーガルハイ3やって欲しかった」「中園さんは、最後グダグダになるから心配だ。ドクターXも最悪の終わり方だったし」「精神科のドラマはやめとけよ。何か抗議来ると思うわ」「精神科医に天才も糞もないだろ」「堺さん、半沢の続編は全然やる気ないんだな(笑)」などの声が。

堺さんは2016年の大河ドラマ『真田丸』で主演を演じことが決まっているため、連ドラには出演しないのではないかと言われていましたが、日本テレビが口説き落として決まったようです。

TBSは『半沢直樹』の続編のオファーをしたそうですが、堺さんは受け入れなかったとか。半沢ファンの続編を期待する声は高まるばかりですが、こればかりは堺さんがOK出さない限り無理ですからね…。

ドラマがシリアルなのかコミカルなのかも気になるところです。外科医のような派手さがない精神科医を堺さんがどう演じるのか楽しみですね。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-0717862858057350"
data-ad-slot="5517727915">

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に