君島十和子さん(47)の長女憂樹さん(16)が競争倍率26.6倍の難関を突破し、タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校の102期生に合格した。合格発表の会場を訪れた十和子さんは「私の夢を娘がかなえてくれました」と涙し、その隣には夫の誉幸氏(49=から改名)の姿があった。結婚当初、度重なるトラブルに巻き込まれた十和子さんも今では『美のカリスマ』として女性から人気を集め、年商13億円を稼ぐ実業家に。さらには娘が自らの夢だったタカラジェンヌへの道を進むことになり、まさに順風満帆といった様子だ…

十和子イズム [ 君島十和子 ]

十和子イズム [ 君島十和子 ]
価格:1,575円(税5%込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


「長女は自分の母校でお嬢さま学校として知られる日本女子大の付属小学校に入学させ、宝塚女優にするべく幼い頃からバレエ教室にも通わせていた」(芸能関係者)というから大粒の涙も無理はない。夫の誉幸氏(49=明から改名)も、「亡くなった君島一郎は孫をタカラヅカに入れるのが夢でした」とコメント。夫婦揃って熾烈な受験戦争を制した喜びを語っていた。

 それにしても、この夫婦が報道陣の前にツーショットを見せたのは久々である。十和子は19年前の1995年、ファッションデザイナーの君島一郎氏の次男・明氏(当時)との結婚を機に芸能界を引退。ところが、入籍会見と時を同じくして夫と愛人の間に当時3歳になる隠し子の存在が発覚。離婚秒読みと危惧された。

しかも翌年には一郎氏が急死。総額50億円ともいわれた「君島グループ」の遺産相続を巡って、本妻とその長男の立洋氏と明氏との間で骨肉の争いが勃発。一郎氏の遺言書により内妻の子だった明氏が家業を継いだが、その後、異母兄弟によるドロ沼訴訟に発展したのは、まだ記憶に新しい。

「後を継いだとはいえ、明氏は借入先のメーンバンクから20億円の貸金返還請求を起こされて敗訴し、8億円の返還を命じられた。会社経営は非常に厳しく、十和子さんのヘアヌード写真集出版の噂も飛び交ったぐらいです」(ベテランの芸能ライター)

 そんな夫のピンチを救ったのが、十和子だった。女優時代には映画「極道」シリーズで乳首モロ出しの濡れ場に挑戦しているが、“ひと肌”脱いだわけではなく、自ら広告塔と化し、十和子ブランドの化粧品を開発。これが大当たりし、「美のカリスマ」の座に。彼女に憧れる「トワラー」の存在がメディアで取り上げられ、美容関連のエッセーもバカ売れ。現在はこれに輪をかけてウハウハの状況だという。

「05年に『フェリーチェ・トワコ』を起業し、美容業界に本格的に参入。誉幸氏が社長を務めていますが、もちろん、十和子さんありきの事業です。自社サイトや直営店で売り上げ全体の7割を占め、業績はここ数年うなぎ上り。13年4月期の決算で売り上げは13億円。これまでは同世代のトワラーが多かったが、TV通販でも支持され、新たに50代のトワラーも獲得している。不況知らずとはこのことです」(美容ライター)

 夫の窮地を救っただけでなく、愛娘はタカラジェンヌの卵に。まさに非の打ちどころのない良妻賢母。18年前の騒動の時には十和子の辞書になかった言葉だ。 (以上日刊ゲンダイ)


十和子さんはできる妻で母なんでしょうね。苦労してきた分、強くなったのかな。

十和子さんの娘さんが宝塚音楽学校に合格と聞いて、女優・黒木瞳さんとのお稽古バトル報道が思い出されます。

互いの娘が同じ松山バレエ団の教室に通い、発表会の主役の座を巡ってチケット販売をより多く引き受けるなどの争奪戦を繰り広げたという母親同士のバトル。結果的に初日は黒木さんの娘が2日目は十和子さんの娘が、それぞれ花形を演じることで決着がついたそうですが、どうやら実力は十和子さんの娘の方が上だったとか…。
黒木さんがバレエ団に無理やり頼み込み、バレエ団は渋々、2日間やってそれぞれを主役にすることで了承したとかで、当時は黒木さんの貫録勝ちとも報じられました。

この度、十和子さんの娘が奇しくも黒木さんの出身学校へ難関を突破しての合格し、一方、黒木さんの娘は有名私立学校であったレイプ事件の主犯格と報じられ、逃げるように海外留学へ…。

ママバトルは十和子さんが黒木さんに大きく水をあけた形と言えますが、今の黒木さんの心境はいかに?

それにしても憂樹さん、父親の誉幸さんにそっくりですね。身長が170㎝あり、男役を志望しているそうです。素敵なタカラジェンヌ目指して頑張ってほしいですね。

▼君島十和子さん長女 宝塚音楽学校を合格した君島憂樹さん 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

▼君島十和子さん長女・君島憂樹さんの幼少時代 整形疑惑 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に