来春のNHK連続テレビ小説花子とアン』のヒロインに決まった女優の吉高由里子さん。同じ事務所の同世代の女優である上野樹里さん、仲里依紗さんをしのぎ、所属事務所「アミューズ」の看板女優にまでなった吉高さん。その意外な理由とは…
続きを読む⇒ブログランキング


小説「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子の人生を描いた物語だが、吉高は「赤毛のアン」を読んだ感想を聞かれ、「正直、読んでません…。さっき、本を渡されて、けっこう分厚いな」と苦笑。「緊張で汗びっしょり。私に“朝の顔”が務まるのか不安」と冗談交じりに笑うなど相変わらずのマイペースぶりだったが、今やすっかり所属事務所「アミューズ」の看板女優となった。

「29日からは同じ事務所の先輩・福山雅治と共演した『ガリレオシリーズ』の映画『真夏の方程式』が公開されているが、舞台あいさつなどでも福山との息はピッタリ。『ガリレオシリーズ』は柴咲コウが出演していたが、いろいろあって福山との関係が悪化し、福山が吉高を“指名”したようだ。今週はサザンオールスターズの活動再開と吉高の朝ドラヒロイン起用が発表されたこともあって、今週で株価が200円近くアップした。今や、吉高は株価も左右する影響力を持つまでになった」(芸能記者)

サザン、福山という二大看板がドンと控えるアミューズだが、「上層部はここ数年、事務所の看板となる若手女優の育成を課題にしていた」(同)というが、そこで競わせたのが同世代の上野樹里、仲里依紗、そして吉高。

最初に大きなチャンスをつかんだのは上野で、11年にNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に主演。

ところが、撮影現場での悪評などが噴出し、大河後に仕事が激減してしまった。

上野の脱落で仲と吉高のマッチレースとなったが、奔放な性格の仲は昨年、バツイチの俳優・浅野忠信と交際し破局。その後、俳優の中尾慶明と交際し「ビッグラブ」でデキちゃった結婚。

そして残った吉高は確実にチャンスをものにし、今や事務所の看板女優となったが、男性スキャンダルには十分に気をつけた方が良さそうだ。(以上リアルライブ)


ネットでは、「そういや上野樹里って何処いったんだ」「アミューズは危なっかしい女優ばかりだな。吉高だって何かやらかしそうだ」「つまり消去法で看板女優になったわけか」「スタッフ受けがいい人が人気なら実力や容姿なんてあまり関係ない世界なんだな」「まあ、何をしても胡散臭さのある武井や剛力より全然マシ」などの声が。

最近めっきり見なくなった上野樹里さんですが、今年10月公開の映画『陽だまりの彼女』で久々に女優復帰するそうです。目上の人にタメ口を使ったり無礼だったりと、業界での評判が悪く、それが原因かは不明ですが、去年はドラマも映画も出演が一切ありませんでした。
 吉高さんも上野さんに似て自由奔放なところがあり、少々心配な面はありますが、お高くとまったタイプではなさそうですし、現場ウケは意外に良さそうな気がします。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に