元経済産業省官僚の古賀茂明さん(59)が27日、コメンテーターを務める『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、番組の降板についてキャスターの古舘伊知郎さん(60)と生放送中にバトルを繰り広げ、物議をかもしている…

 元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、古舘伊知郎キャスター(60)と自身の番組降板を巡って、バトルを繰り広げた。

 番組中盤、緊迫する中東情勢を伝える場面で、古舘が古賀氏に解説を求めると、この日が最後の出演になった古賀氏が切り出した。

 古賀氏 ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後ということに(なりました)。

 これまで古賀氏は同番組で、「I am not Abe」などと安倍政権に批判的な発言を繰り返していた。

 古賀氏 これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして、官邸のみなさんからバッシングを受けてきた。それを上回る応援で楽しくやらせていただきまして、本当にありがとうございました。

 降板した理由を話すと、古舘も「ちょっと待ってください。今の話は承伏できません」と対抗したが、古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃいました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこま言われるなら全て(データを)出させていただきます」と引かない姿勢で、いったん束した。

 しかし、その後も「I am not Abe」と書かれた手製の紙を広げ、マハトマ・ガンジーの言葉をフリップで出し、「言いたいことはそのまま言いましょう。裏で圧力をかけたり、陰で言うのはやめていただきたい」と話した。(以上日刊スポーツ)


ネットでは、「久々にテレビに釘付けになったわwwwwwwwwwww」「見ててハラハラした。でも、ちょっとワクワクもした(笑)」「ほぼ放送事故。ニュースの内容ほとんど覚えてない。。」「視聴者置いてけぼりここに極まれり、な感じだった」「古賀さん退場すかと思ったけど、エンディングまで居たね」「元官僚ぽくない人だと思ったが最後に本当の姿を見たような」「古賀茂明は、オフレコの話を番組内で紹介した。もう誰からも信用されない」「こんなことやってもクビになって当たり前だと思われるだけなのに」「日本は誰かの力ですでに報道規制が引かれ言論の自由はなくなってきている気がする」「つーか I am not Abe.って表現はおかしくないか?」などの声が。

古賀さんの言っていることは理解できる部分もあるだけに、楽屋での会話を録音したと半ば脅しのような発言や、「I am not ABE」と書かれた紙を出すなど、こういったやり方が残念ですね。これでは単に恨み節を言っているように見えてしまうような…。

官邸からの圧力というのはもっと詳しく知りたいところ。どんな圧力だったのでしょうか?もし本当だったら暴露してほしいですね。

ちなみに古賀さんは3年前にもテレビ朝日の『ワイドスクランブル』で降板騒動を起こしています。ツイッターで財務省や電力会社、民主党の圧力があったことをほのめかしたそうですが、結局は降板取消になったそうです。

今回の件で古賀さんは今後のテレビ出演が相当厳しくなってしまったのでは?本人もその覚悟だったのかもしれませんが…。

▼古賀茂明 報道ステーション 放送事故並み 動画▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に