テレビ朝日の『報道ステーション』のキャスターを務める古舘伊知郎さん(59)の降板話が水面下で進行しているという。そして、“ポスト古舘”には、『ミヤネ屋』や『Mr.サンデー』で司会を務める宮根誠司さん(51)の名前が浮上しているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

そして世界は狂いはじめた / 古舘伊知郎

そして世界は狂いはじめた / 古舘伊知郎
価格:381円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング


 「古舘とテレ朝の早河洋会長兼CEOとの確執で、一気に“古舘降ろし”の動きが始まった。“ポスト古舘”には、宮根誠司(51)の名前が浮上しているんです」(テレ朝関係者)

 テレ朝は7月1日付で、生え抜きの早河氏に代わり朝日新聞社顧問の吉田慎一氏が社長に就任。早河氏は会長兼CEOに就いた。
 「吉田社長は古舘が固執する“反原発報道”に力を入れるといわれている。しかし、安倍晋三首相に近い早河会長は“反・反原発”の立場なだけに古舘と対立しているんです」(同)

 確執が表面化したのは、昨年9月に東京五輪誘致が決定した直後だったという。
 「他局が五輪報道で盛り上がっているのに、『報ステ』は安倍首相の“福島原発は完全にコントロールされている”との発言を取り上げ、“全世界が見守る中でウソを言った”と痛烈批判した。これに当時社長だった早河会長が激怒したんです」(情報通)

 さらに今年4月、『報ステ』が10周年を迎え開かれたパーティーで、「早河社長から好きなようにやってくれ。何の制約もないからと言われて始めたんですが、いざスタートしてみると制約だらけ。今では原発の“ゲ”も言えない」と古舘が挨拶したことで、対立は決定的となった。
 「早河氏は衆人の前で恥をかかされたようなもの。これは早河氏を安倍首相に紹介した大手出版社のK社長も刺激するような発言でした」(同)

 早河氏の側近は、『報ステ』がスタートしたときに古舘が言った「10年が目途」との発言をも逆手に取り“古舘降ろし”と同時に後任を画策中だという。
 「そこで名前が挙がっているのが宮根。K社長は“芸能界のドン”と呼ばれる大手芸能事務所社長の懐刀ともいわれている。宮根の後見人はこの“ドン”ですからね。有力視されても不思議ではありません」(同)

 『報ステ』キャスターの電撃交代は近そうだ。(以上週刊文春)


ネットでは、「宮根になったらもうバラエティじゃねーか!」「さすがに宮根だけはねーわw」「これじゃあもっと酷くなるじゃん」 「あるとしたら羽鳥じゃないのか?」「ぶっちゃけ報ステなんて時間帯が売りなんだから思想に染まってない普通に話せるアナなら誰でもいいわ」「せめて人がしゃべり終えてから話し始める普通の人にしろよ」 などの声が。

月曜から金曜まで『ミヤネ屋』の生放送が大阪でありますし、現状ではどう考えても無理では?
そもそも、宮根さんの良さは関西弁の軽快なトーク。報ステはギャグなんて飛ばせるような番組じゃないですし、宮根さんが後釜というのは現実的ではないような気がします。

しかし、古館さんが10周年パーティーで社長批判とは、相当うっぷんが溜まっているみたいですね。この様子では遠からず降板はありそう…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に