今年4月、54歳下の女子大学生との“不倫交際疑惑”を報じられた俳優の千葉真一さん(76)。お相手は東京・新宿のスナックでアルバイトしている22歳の早大生だという。千葉さんはその彼女と添い遂げるために離婚してほしいと妻に頭を下げてお願いしているが、妻は早大生との再婚を阻止すべく、絶対に離婚しないと徹底抗戦の構えだという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング



今年4月、54歳下となる早稲田大学生との“不倫交際疑惑”を報じられた俳優・千葉真一(76)。4月22日発売の『週刊新潮』(新潮社)がスクープしたもので、千葉はこの女子大生に入れ込み、現在は千葉のマンションで半同棲生活を送っているという。しかし当の千葉は、各メディアの取材に対して「家族ぐるみの付き合い」などと関係を否定。妻とは別居中であることこそ認めていたものだが……。 

 千葉の報道否定に対して、『週刊新潮』は翌週さらに反論記事を掲載。千葉と早大生の生々しい夜の営みを描写するなど、両者のただならぬ関係を徹底的に暴き立てた。

「その後、千葉は6月16日放送の『中居正広のミになる図書館』で、サバンナ・高橋から『若い方と噂があったじゃないですか?』と弄られ苦笑していましたが、その胸中は決して穏やかではなかったはず。何故なら、千葉はこの早大生と『絶対に結婚する』と息巻いているほどですから」(ワイドショーデスク)

70代にして女子大生との“火遊び”とは、さすがはベテラン俳優と言うべき豪快な武勇伝……とはいかなかった。どうやら彼は完全に“盲目の恋”に陥ってしまっているようなのだ。

「現在千葉は、早々に離婚してほしいと妻に頭を下げているんです。元々亭主関白だった千葉は、浮気を止めてほしいと泣きつく妻に対して『いつでも離婚していいんだぞ』などと開き直って接していたものですが、早大生との恋が始まってからは立場が完全に逆転。彼女と添い遂げるため、何としてでも離婚したいと妻に泣きつくようになってしまった」(同デスク)

 千葉の妻も早大生の存在に気付いており、夫から気持ちが離れつつある……という報道もあった。が、現在でも離婚という選択肢はないようだ。長年モラハラに耐え続けた千葉の妻は、夫の浮気こそ許しても、相手と添い遂げることに関しては決して許すつもりがないらしい。

「離婚したい理由が自らの不貞というだけに、双方の合意がなければ早期成立は不可能に近い。これまでの千葉の仕打ちを考えれば当然ですが、早大生との再婚を阻止すべく、妻は絶対に離婚しないと徹底抗戦の構えとなっているんです」(同前)

 妻の“復讐心”という塀に囚われの身となってしまった千葉だが、伴侶に苦汁をなめさせ続けた男の“老いらくの恋”は、果たしてどんな実を結ぶのだろうか。(以上)DMMニュース>


ネットでは、「正直、気持ち悪い」「若い子がいいのは分かるけどさすがに限度があるでしょ」「自分ならイケメンの息子の方がいい」「現在の嫁さんの時ですら、老いらくの恋だったと思うが」「54歳年下って… 54歳の時に産まれたての赤ちゃんだったって事でしょ… そんな子をそういう目線で見られるという事が怖い…」「娘が大学生で76のジジイと付き合ってたら、私は泣く。卒倒するかも」「女子大生もよくやるなぁ 76才が自分に迫ってくると考えただけで吐き気が・・」「加藤茶みたいにならなければいいけどね」などの声が。

千葉さんと女子大生は平日は女子大生の住むアパートで過ごし、週末になると千葉県にある千葉さんのセカンドハウスで夫婦同然の生活を送っているとか。

千葉さんは女優・野際陽子さんと1994年に離婚した2年後、現在の妻である28歳下の一般女性と結婚しています。すでに別居3年目で、奥さんは京都のパチンコ店で時給1000円のパートで生計を立てているそうです。

千葉さんにはすでに署名済みの離婚届を渡しているとも過去には報じられましたが、今は頑なに離婚を拒否しているのは、夫が年下の恋人にご執心で、彼女と結婚したいから離婚して欲しいという自分勝手な主張を許せないからでしょうね…。

借金トラブルで迷惑をかけて、さらには年下の女子大生と不倫とは、奥さんに申し訳ないという気持ちはないんでしょうかね…。

▼千葉真一 54歳年下女子大生とのツーショット画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に