2004年に子供服ブランド『リボンキャスケット』を立ち上げ、今では年商50億円を稼ぎ出す凄腕実業家となったタレントの千秋(41)。昨年2月からは、パワーストーンブランド『Love Stone』をラスベガスにオープンし、こちらも繁盛しているという。さらには、『アメーバピグ』のキャラクターデザインまで手掛け、千秋は“ネットゲームのデザインは儲かる”と漏らしているという…

詳細は⇒ブログランキング

<ブランド品は平気で1万円とかしてけっこう高いんです。でも2000円、3000円で売ってる大量生産の服は、デザイン面にちょっと難がある場合もあって。だったらその大量生産のラインで、私がデザインすればいいんじゃないかなって思った>

彼女はかつて、事業を始めたきっかけについてこう語っていた。そして大手ベビー用品メーカー・コンビと手を組み、本名の藤本千秋としてデザインを手がけているのだ。

「千秋さんは、毎回会議にも出ますし、自ら海外まで出向き、生地や糸まで全部決めているんです。“かわいくて、オシャレ”なのはもちろんなんですが、彼女は“とにかく安く、品質よく”と言っています。例えば、何回洗ってもヨレたり、色落ちしないベビー服だったり。

さらに千秋さんがスゴいのは、赤ちゃんの服だけじゃなくて、家族お揃いで着られる服も一緒に作っちゃったんです」(子供服業界関係者)

商才を発揮し、今では“年商50億円”を稼ぎ出す超人気子供服ブランドとしての地位を確立したのだった。

さらに昨年2月からは、パワーストーンブランド『Love Stone』をアメリカ・ラスベガスにオープンさせている。

このパワーストーンは通販のみの販売ながら、1日で200万円以上を売り上げることもあるほど大人気なのだという。そして千秋のビジネスは、ネット業界にも進出していた。

1300万人を超えるコミュニティーサイト・『アメーバピグ』でもキャラクターデザインを手がけているのだ。

「『アメーバピグ』は、自分ソックリのキャラであるピグを作り、ネット上でゲームやオシャレを楽しむもので、千秋さんはゲーム上のアイテムをプロデュースしているんです。千秋さんは“ネットゲームのデザインは儲かる”なんて漏らしてましたよ」(千秋の知人)(以上NEWSポストセブン)


サイドビジネスをしている芸能人は多くいますが、必ずしも成功するとは限らず、中には巨額の負債を抱えてしまう人もいるようです。そんな中、手掛ける事業がどれも成功している千秋さんはそれだけ素質があるということなんでしょうね。
千秋さんの父親が日本板硝子の会長というのは有名ですが、ビジネスセンスは親譲りなのかも!?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に