以前から“老化が著しい”と話題になっていたタレントの加藤茶さん(71)が今月9日、笑福亭鶴瓶さんの旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)に出演したのだが、その姿は以前にも増して正気がなく、明らかにおかしい。ネット上では、もはやネタにすることすら躊躇するような雰囲気が漂っているほどだ…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

鶴瓶の家族に乾杯...

鶴瓶の家族に乾杯…
価格:7,620円(税込、送料別)

続きを読む⇒ブログランキング


鹿児島県南九州市を訪れた加藤茶(71)。番組冒頭から、うつろな目でぼーっと茶畑を眺める加藤に、「大丈夫ですか?」「もっと早く話してください」などと声をかける鶴瓶。その後も加藤は、ろれつの怪しい力ないトークを繰り広げ、時に「歩くの面倒くさいから、車で行こうか」と、短い距離をわざわざ車で移動するなどしていた。

 そんな加藤に、鶴瓶はたびたび「テレビ見てる人は、もう歩かれへんのかな? と思いますから!」「ちょっと反応遅いですよ!」「元気出してくださいよ!」などと発破を掛けたほか、視聴者に向かって「ちょっと間(ま)が遅いかもしれませんけど、慣れてきますから」「ちょっとご病気されましてね。心配しなくていいです。笑いのウデは落ちてませんから」とフォローしていた。

 そんな覇気のない加藤に対し、ネット上では「大丈夫か?」「ろれつが回ってない」「テロップがないと、何言ってるのか分からない」「とにかく動きたくなさそう」「目が死んでる」といった感想が相次いだ。

「旅番組といえば、昨年11月の『加藤茶の海沿い鉄道だョ!出発進行!~伊豆満腹の旅~』(テレビ朝日系)でも、加藤さんはジュースのフタが1人で開けられなかったり、すぐに歩き疲れてし
まったりと元気がなく、共演者が世話をするたびに『介護に見える』と話題になっていた。しかし今月に入り、『以前にも増して生気がない』『さらに目の力がなくなった』『なんか笑えない』という声が増えている。ネット上では、もはやネタにすることすら躊躇するような雰囲気が漂っています」(芸能ライター)

 今月4日に加藤が出演した『1億人の大質問!?笑ってコラえて! 2時間SP』(日本テレビ系)でも、視聴者から「ほとんどしゃべらない」「座ってじっとしてる」「トークに参加しようとしな
い」と話題に。2006年に大病を患っている加藤だけに、体調が心配だ。

「46歳年下妻・綾菜さんは、元銀座のクラブホステスで、結婚当初から浪費癖が危惧されている。また、綾菜さんが1年半前に始めたジュエリーの通販ビジネスも赤字が続き、加藤さんの持ち出しといわれている。昨年は、炎天下でパチンコ営業を何十店舗もこなすなど、積極的に仕事を入れていた加藤さんですが、71歳となった今年も仕事のペースは落ちていない。綾菜さんが通販ビジネスを諦めれば、加藤さんももう少し仕事をセーブできるかもしれません」(同)

 加藤には、とにかく体を大切にしてほしいものだ。(以上サイゾーウーマン)



ネットでは、「俺の知ってる加トちゃんじゃない」「凄い寂しい気持ちになった…」「あんまりひどすぎて見てられなくてテレビ消した」「なんであんな状態の人をテレビに出したのか疑問」「どう頑張っても本人が幸せそうだしいいじゃんとは言えない」「対象的にブログはとてもイキイキとしてるという」「やっぱりあの嫁、ダメだったよな」「こんな状態で綾菜一族が、ラスベガス引き摺り回してたんですね…」などの声が。

▼鶴瓶の家族に乾杯 加藤茶がヤバい 動画▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

久しぶりにテレビで見ましたが、会話はオウム返しで、足取りはおぼつかず、呂律が回ってなかったりと、あまりの変わり果てた姿に衝撃を受けました。いたたまれなくなってチャンネルを変えたほどです。

年齢的に老いていくことは仕方がありませんが、再婚した3年前はもっと饒舌で目が生き生きしていただけに、この急速な衰えはただの衰えとは違う気がするのですが。

一緒に暮らす妻の綾菜さんなら夫の変化には誰よりも気づくはずですが、もう少し休ませてあげられないものでしょうかね…。

いくら豪華な手料理を振舞っても、老体にムチ打って働かせては元も子もないのでは?

71歳ならまだ10年は元気でいてほしいものですが、以前の元気な加トちゃんに戻る日は来るのでしょうか。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に