5日発売の週刊新潮が『「加藤茶」炎天下のパチンコ営業を3軒ハシゴ』と加藤茶さんの仕事ぶりと心配の声を報じている。茶さんは猛暑の7月、徳島県のパチンコ店でトークイベントに撮影会と、営業に飛び回り、本性を発揮して浪費している45歳年下綾菜さん(25)の浪費を支えているようだ…

続きを読む⇒ブログランキング

先日都内で行われたPRイベントに登場した加藤茶(70)は、「やつれた感じで、顔色もよくなかった。報道陣から『大丈夫か!?』と心配する声が漏れたほどです」(芸能リポーター)。

見た目は若いといっても、もう古希。06年には心疾患で10時間に及ぶ大手術を受けている……といろいろあるが、やはりというか「若い嫁サンをもらうと苦労する」(関係者)ともっぱらだ。

2年前に「45歳差婚」でアッと言わせた茶は、2日付の自身の公式ブログにこんなことを書いている。〈家に帰ったらソファーが届いていたよ。黒いソファーからオレンジのソファーに模様替え〉〈イタリアのミッソーニのソファーだよ〉

10人は座れそうなコーナーソファで、若妻の綾菜さん(25)とイチャイチャしている写真も載せている。「モノにもよりますが、3ケタ万円でしょうね。ミッソーニのソファは、2人掛けでも70万円ぐらいしますから」(業界関係者)

かわいい妻におねだりされて、といったところか。“大物”の茶にははした金と思ったら、そうでもなさそうなのだ。

5日発売の週刊新潮は〈「加藤茶」炎天下のパチンコ営業を3軒ハシゴ〉と報じている。茶は猛暑の7月、徳島県のパチンコ店でトークイベントに撮影会と、〈老骨に鞭打って〉営業に飛び回っていた。パチンコ店の営業は、確認できただけで今年は12店、昨年は28店。茶クラスだと、1件100万~200万円なんだとか。

「綾菜さんはネット上で『六本木のキャバクラで働いていた』『銀座の元ホステス』なんてウワサが流れていますが、確かにおねだり上手ではあります。茶さんから頻繁に高級ブランド品をプレゼントされているし、派手なパーティーを開くのも大好き。彼女のアクセサリー通販ショップにも、茶さんの“協力”が欠かせないようです」(前出の関係者)

茶は最近、オフの日はずっと寝ているそうだ。哀れに思えてきた。(以上日刊ゲンダイ)


▼パチンコ営業中の加藤茶に心配の声 嫁・綾菜浪費本領発揮!? 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

ブログを見ると、模様替えをした部屋にはミッソーニのソファの他にスペインのデザイナーが作ったというシャンデリアも新調されていました。お値段は53万円だとか…。今年の結婚記念日には旅館を貸し切ってパーティーを開くなど、豪快なお金の使い方に驚かされます。

そんな贅沢な暮らしは茶さんのパチンコ営業で支えられているようですね。酷暑の中、3軒もハシゴするのは70歳の大病した体には堪えそう…。

茶さんが健康で元気ならいいのですが、週に1回点滴を打っているなど、常に体調不安説が流れているだけに無理をして働いているのでは?と思わずにはいられません。

体力的にキツくても茶さんがそれで幸せと思えるのならそれでいいのかもしれませんが…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に