かねてからネット上でささやかれていた加藤茶さん(70)のブログを書いているのはの加藤綾菜さん(25)ではないかという疑惑。御年70歳にしては文章が若く、画像加工もうまいため、綾菜さんの代筆疑惑が浮上していたが、その疑惑を決定付ける出来事が起こった。
1月28日、茶さんは『オイラから電話が来なくて寂しいって書いてあった』と綾菜さんのブログを見たことを自身のブログで綴った。しかし、茶さんが綾菜さんのブログを見た時点では、まだ『寂しい』というブログはアップされていなかった・・・

加藤茶 / 元祖 加トち...

加藤茶 / 元祖 加トち…
価格:1,200円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 昨年11月、綾菜は個人ブログを開設したが、同時に茶のブログの内容が薄くなったことから、「ブログを2つやることになり、茶の方が手抜きになったのでは」と、さらに代筆疑惑が加熱。そして今回、この疑惑を決定づける出来事が起こったと、ネット上では話題になっているのだ。

「1月28日の午後9時58分に、茶が『お腹いっぱい』というエントリーを投稿し、そこに『ふと嫁さんのブログをみたら オイラから電話が来なくて寂しいって書いてあったから今から急いで電話します。(笑)』という文章をつづっていました。しかし綾菜のブログを見てみると、同日午後10時19分に、『まだ、電話こない。。。』というエントリーで、『さきいかを噛みながら加トちゃんの電話待ってます。。。まだかな~寂しいなぁ~』と書いているんです。そう、本来ならば、綾菜のブログの方が先にアップされているべきなのに、逆転しているんですよ。この一件を受け、ネットユーザーは、『加藤茶のブログが嫁に乗っ取られてる』『加トちゃんはラジオに出た時PCまったく触らないって言ってたよ ブログなんかどう考えてもやってないw』などと大騒ぎしています」(芸能ライター)

 やはりこの珍事は、綾菜が茶のブログを代筆しているから起こってしまったことなのだろうか。真相は藪の中だが、「もともとキナ臭い嫁といわれる綾菜だけに、悪評は高まるばかり。今回も『茶との熱々ぶりを自作自演している』として、したたかな女のイメージがさらに世間に定着するだろう」(同)という。(以上サイゾーウーマン)


ネットでは、「知ってた」「これは恥ずかしいwww」「誰も本人がPCやスマホから投稿してると思ってないだろ」「加藤茶本人はありえないと思ってたけどマネージャーじゃなくて嫁だったかw」「茶の存在価値って…」「ゲームのステマしてたのも全部嫁だろ」「ブログでやりとりする夫婦って異常だな」「別に代筆はどうでもいいけど、写真がカトチャン死相出てるみたい」「つーか電話まだかな…じゃなくかけろよ」などの声が。

ブログ日時をもとに時系列順に並べてみた

27日夜、茶は総菜に電話をしている
ということは、28日の茶ブログは27日の総菜ブログへのアンサーではない
あきらかに28日の総菜ブログへのアンサーということになる

総菜【可愛いすぎるぅO(≧∇≦)O】
2014.01.27 Monday 20:00
今は加トちゃんの電話を待ってます♪(≧∇≦)

茶【金沢】
2014/01/27 20:16:00
今から嫁さんに電話するよ!

茶【お腹いっぱい】
2014/01/28 21:58:00
ふと嫁さんのブログをみたら オイラから電話が来なくて寂しいって書いてあったから今から急いで電話します。(笑)

総菜【まだ、電話こない。。。】
2014.01.28 Tuesday 22:19
さきいかを噛みながら加トちゃんの電話待ってます。。。
まだかな~
寂しいなぁ~
(以上2ちゃんねる)


ブログでラブラブアピールするつもりが、致命的なミスを犯してしまったようですね…。自作自演 が事実だとしたら、カトちゃんのブログの内容は綾菜さんの都合のいいように書かれている可能性もあるかも!?
綾菜さんのブログにはその後、『電話きました♪』と茶さんから電話が来たという報告が綴られています。

果たして綾菜さんが代筆疑惑について言及するのでしょうか?結婚以来、絶えずネットを盛り上げてきた加藤夫妻、今後もこの夫婦からは目が離せませんね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に