元AKB48のエース・前田敦子さん(22)が3日、Zepp Tokyoで初の本格的なソロライブを開催したのだが、2600枚のチケットを売り切れなかったとして話題になっている。ネット上では、「そこまで人気がないとは」「これが絶対エースの現実か」などと驚きの声が相次いでいる…

セブンスコード(Type-A CD+DVD) [ 前田敦子 ]

セブンスコード(Type-A CD+DVD) [ 前田敦子 ]
価格:1,415円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 同コンサートは、3月5日に発売された新曲「セブンスコード」(キングレコード)に封入されたシリアルナンバーによる先行予約だけでは満席にならず、同22日から一般発売されていた。

「今回のライブは、1階はオールスタンディング、2階は全席指定で立ち見不可ということでした。Zepp Tokyoの1階スタンディングのキャパシティは2,416人、2階の座席は200席です。この会場で当日券が出るということは、2,600枚のチケットが売り切れなかったということ」(音楽ライター)

 この状況に、ネット上の掲示板などは騒然。「そこまで人気がないとは!」「これが国民的アイドルグループ絶対エースの現実か……」など、驚きの書き込みが相次いでいる。

「スタンディングの売れ残りはもちろん、2階指定席もオークションで定価以下で買い叩かれている惨状。女優としての評価は日に日に高まっている前田ですが、歌手としては今後、厳しそうですね」(芸能ライター)(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「平日とはいえ18:30開演の東京で2700人が埋まらないのはやばいな」「文春騒動、熱愛騒動、歌は下手なまま、ファン離れも当然か・・・」「Zeppってあんまり売れてないバンドでもそこそこ埋まるよね」「みんなAKBの前田には興味あったがAKBをやめた前田にはみんな興味ないんだろうな」「辞めてすぐ恋愛しません→半ケツ。これじゃあね」「前田に限らず板野篠田とかも卒業後は苦戦してるからな」などの声が。

1階がスタンディングの場合、Zepp Tokyoのキャパシティーは2700人程だそう。
平日であることや開始時間などを考慮しても、総選挙で14万票も集めたエースが2700のキャパを埋められなかったというのはにわかには信じがたい。

圧倒的な人気を誇っていた前田さんなら即完売以外はあり得ないとすら思えるのですが、チケットの売れ残りが事実だとすれば、ファンが減ったと考えるのが妥当なんでしょうね…。

ちなみに、4日の大阪のライブも当日券が販売されるそう。

今後も前田さんがコンスタントにライブを行っていくとしても、Zepp Tokyoより大きな会場では難しいということになってくるのでしょうか…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に