タレントの優木まおみさんが、生後11カ月の長女とともに7日発売の育児雑誌『nina’s』の表紙に登場。これを発端に、ネット上では優木さんの“見せたがり気質”が話題になっている。出産直後は子供の情報は控えると明言していた優木さんだったが、半年後からSNSに子供の写真を頻繁に投稿。ネットでは「エゴの塊」「賢いイメージだったのに…」との声も上がっている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


 優木は、おととし6月にカリスマ美容師と結婚。昨年4月の第1子出産直後には、「主人とも相談して、子どものプライバシーを重視し、ブログに写真や、名前の公表など、子どもの情報を載せることは控えさせてもらうことにしました」と明言していたものの、約半年後に「いろいろ考えて、やっぱり娘の写真載せていくことにしました。成長記録も兼ねていきたいなとおもうので」と撤回。その後は、ブログやインスタグラムに娘の画像のみならず、動画まで頻繁に投稿している。

「優木の特徴は、他人から見たら特に内容のない娘の姿をたびたび投稿する点ですね。今月も、ベッドの上で上下に揺れる娘の動画を投稿したほか、先月はベッドの上でゴロゴロ転がっているだけの動画を投稿。優木にとっては貴重な動画なのでしょうが、ネット上では『これを世界に晒して、なんの意味が?』と違和感を訴える人が相次いでいます」(芸能記者)

 子どものネット上への“顔出し”については意見がわかれるところだが、特に優木に対しては「『かわいい』って言われたいだけじゃ……」「エゴの塊」「成長記録なら、他人に晒す必要ないじゃん」「賢いイメージだったのに……」といったネガティブな声が目立つ。

「優木のほかにも、木下優樹菜、東尾理子、クワバタオハラのくわばたりえなど、子どもの素顔を公開し、仕事につなげている芸能人は多い。また、子どもの素顔を晒すと、ブログのアクセス数が伸びるともいわれており、旨味は多そう。しかし一方で、『子どもがかわいそう』『子どもを仕事の道具に使うな』といった批判の的になる側面も。また、どうしても『かわいくない』など、子どもを直接攻撃するような声も避けられないため、『心ない書き込みを見ると、胸が痛む』という意見も見受けられます」(同)

 ネットの普及に伴い、プライバシーへの考え方が大きく変化する中、有名人による子どもの顔出しについては、今後も賛否が飛び交いそうだ。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「優木まおみの顔出し転換は大失敗。子供のプライバシー重要視ってのは一体何だったんだ?って」「成長記録残したいなら実物のアルバムにすればいい」「バカだと言われてる辻ちゃんでさえ隠してるからね」「優木まおみは非公開→公開にした事でビジネス臭が増しちゃったんだよ」「この人、自分のインスタでも娘の顔を修正してるよね。色白にしたり黒目を大きくしたり。そんなことするなら顔出しやめれば良かったのに」「えびちゃんの姪っこちゃん位可愛ければ見せたがる気持ちも分かるけど」などの声が。

『nina’s』の表紙を親子で飾ったことに対しても、「こういう仕事のために、子供の顔だしオッケーにしたんだね」などの批判があり、芸能活動のために子供のプライバシーを犠牲にしたと思われてしまっているようです。

ネット上では「かわいくない」「ブス」といった心ない書き込みも多いですし、なんの罪もない子供が中傷されるは可哀想。最初の決断が正しかったと後々後悔するかもしれませんね…。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に