歌手の倖田來未さんが第2子妊娠中絶していたと衝撃的な内容を『日刊ナックルズ』が報じている。記事には「2011年の暮れに交際4か月でまさかのデキ婚、昨年の7月には第一子となる長男が誕生した歌手のK」と名前は伏せられている。だが、具体的な時期や内容が倖田さんと合致しており、もはやイニシャルトークにはなっていないのだ…

倖田來未...

倖田來未…
価格:1,701円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



出産から3カ月後には歌番組に復帰して、女性誌のグラビアでは以前と変わらぬセクシーな肢体を披露してプロ意識を見せつけたが、実はこの頃、彼女は大きな人生の岐路に立たされていたという。

証言するのは本人をよく知る制作関係者。

「本人もまさかと思ったようですが、出産後にまた妊娠したんです。本人はかなり悩んだらしく、前回の妊娠ではコンサートツアーを延期させるなど周囲にすごく迷惑をかけていたので、『完全に私の不注意でした。可哀想やけど、このコを産むのは諦めます』と言って、中絶することを決めました」

 病院には女性スタッフが付き添い、Kの夫は家で赤ん坊の面倒を見ていたそうだが、「(ダンナと子供)ふたりに会わせる顔がない」とKはなかなか家に帰りたがらなかったという。

「かなり落ち込んでいましたので『これが尾をひいて、却って仕事に影響が出るのでは?』と危惧する声もあったんですが、そこはプロ根性を見せて現場では何もなかったかのように振舞ってました。以前よりも精力的に仕事をこなすようになりました。もしかしたら、それが失くした子供に対する彼女なりの贖罪なのかも知れません」(前出の関係者)

 今年の6月、コンサートツアーの最終日となる横浜アリーナのステージでは妊娠がわかってからの苦悩を打ち明け、「歌い続けていたら、何かメッセージが伝わるんじゃないかと思った」と涙ながらに決意を語っていた。三十路を迎え、母子とも健康そのもの。女としての色気も増しているように思える。さらなる活躍に期待したい。(以上日刊ナックルズ)


ネットでは、「倖田來未か」「羊水腐る発言のあの人か」「中絶て殺人と変わらないと思うの俺だけ?」「一人目の可愛さ見といて次の赤ちゃんは殺すなんてできっかよ」「夫の稼ぎがないから働かざるおえないんだろ」「周りに迷惑かけるから中絶ってそれでいいの?」「中絶って一人で決めるもんじゃないし嘘がある」などの声が。

一応イニシャルですが、記事の内容は完全に倖田來未さんですね…。
2011年12月にKENJI03さんとデキ婚し、7月16日に長男を出産していますから、ほぼ確定でしょう。
本当に倖田さんが第二子を中絶したとすれば、やはりショックです。産後3か月で次の妊娠が発覚したみたいですから、かなり最短で「完全に私の不注意」と言ったのもうなずけます。夫も同等ですが。

産後、生理が再開していないから大丈夫と安心する人もいるみたいですが、生理がなくても排卵していれば妊娠することはあるそうです。産後1ヵ月や2カ月で妊娠ということもあるんだとか…。

女優の小雪さんも第一子を出産してその3ヵ月後には二人目を妊娠しており、さほど珍しいことでもないよう。

それにしても衝撃的な内容です。もしこれがデマなら名誉棄損で裁判沙汰も十分あり得ます。
ただ、そこまでのリスクを負ってまで嘘の記事を流すとも思えず、それなりの根拠があって報じているのかな、という気も…。

本人、もしくは所属事務所のエイベックスがどのような対応をするのかで、事実かデマかハッキリしそうです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に