大ヒット中の映画『海猿』の原作者で漫画家の佐藤秀峰氏(38)がフジテレビに“絶縁宣言”を突きつけたことでフジテレビは重要なドル箱を失うことになりそうだ。佐藤氏は26日付のツイッターで、「フジテレビは信頼に値しない企業」と激しい怒りをあらわにし、「『海猿』の続編は絶対にない」とまで言い切った。
佐藤氏は以前にも「つーか、海猿今すぐ公開中止にして欲しいわ。」「とりあえず明日死んでたらフジテレビさんのおかげだと思ってください。」などとツイッターで呟いて話題なっていた…

【送料無料】LIMIT OF LOVE 海猿...

LIMIT OF LOVE 海猿…
価格:5,324円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

フジテレビは真っ青だろう。

コトの発端は26日付の佐藤氏のツイッター。フジの報道記者が事務所にアポなしで押しかけて非礼な取材をしたことや、「海猿」の関連書籍が契約なしに販売された事実を暴露し、「フジテレビは信頼に値しない企業。今後は一切新規の取引はしない。『海猿』の続編は絶対にない」などと怒りをあらわにしたのだ。

28日、動画サイトの生放送に出演した際には一番の問題はフジの企業体質だと言及。「正直、クソみたいな会社」とあきれ返っていた。

「『海猿』は『踊る大捜査線』と並ぶフジの2大ドル箱コンテンツ。『踊る』が終わった今、この状況はヤバ過ぎる。屋台骨を直撃しますよ」(テレビ関係者)

「海猿」シリーズは今夏から上映中の第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」が興行収入72億円を突破し、邦画部門では今年のナンバーワンヒット。ようやく54億円を超えた「踊る――」の最終作も後塵を拝してしまった。04年のシリーズ第1弾からの累計興収は240億円超。

主演の伊藤英明(37)はヒットに気をよくし、舞台挨拶で「パート12で舞台化させます」と語っていたほどだ。12作目まで製作されたとしたら、ウン百億円の興収も夢ではなかったはずだ。が、それもこれも原作者がクビを縦に振らない限り、絵に描いたモチである。関連グッズの物販もダメージは必至。日枝久会長は8月、映像音楽事業は「安定的に20億円の利益を出せる態勢になった」とそろばんをはじいたばかりだっただけに、焦りも大きいだろう。

落ち目のフジテレビにまたしても難題である。 (以上ゲンダイネット)


不調続きのフジテレビにとっては『海猿』の興行収入が大きな支えとなっていたみたいですが、原作者の信頼を完全に失ってしまった今、続編はやはり絶望的でしょうね。パート12まで意気込んでいた主演の伊藤さんにとってはとんだ災難でしょう。フジテレビは裁判沙汰にならないだけ良かったと思うしかないのかも…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に