入籍からわずか1年半、離婚間近であることが発覚した大物2世カップル、仁科克基(29)と多岐川華子(23)。現在双方は相手側の不貞を訴え、弁護士を通じて離婚協議中だという。そんな中、注目されているのが母親同士のバトルだ…

 【中古】女性アイドル写真集 多岐川華子写真集 はな。【1...

多岐川華子写真集 はな。【1…
価格:1,580円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

「2人とも“わがまま2世タレント”といわれていますから、スピード離婚となっても『やっぱり……』という声しか聞こえませんでしたね」(芸能関係者)

協議の席には2人の母親、仁科亜希子(59)と多岐川裕美(61)も同席しているという。

「もともと克基さんはマザコンを公言するほど、亜希子さんとベタベタ。結婚もよく認められたものだと囁かれていました。華子さんは8歳のときに両親が離婚。親権は裕美さんがもつことになり、その後のかわいがりようは半端ではありませんでした」(前出・芸能関係者)

昨年還暦を迎えた多岐川裕美は、愛娘の嫁入りを機に“第二のシングルライフ”計画を進めていた。今年に入り神奈川県内にある3階建ての自宅を売却。都内の一等地に床面積150平方メートル、相場で3億円以上の高級マンションをキャッシュで購入した。

また、実家のあった都内の約130平方メートルの土地を3年前に母が亡くなったため相続し、そこにはやはり今年に入って2階建て総戸数4戸のアパートを建てている。

「管理会社に一括管理してもらっての賃貸経営でしょうね。賃料は管理費込みで一部屋9万円前後といったところでしょう」(不動産関係者)

金銭の心配をすることのない、悠々自適新生活……。その夢は娘の思いがけぬ“出戻り”で、棚上げになってしまったようだ。さらに、娘の離婚協議は泥沼化しているとも……。

「どちらも相手側の不貞を訴えており、まったく歩み寄りが見られない状態です。離婚にはまだ時間がかかるかもしれません」(スポーツ紙記者)(以上女性自身)


「離婚原因は、華子ちゃんに好きな男性ができたからだって、克基くんはいっていました。彼としては、“一度や二度の過ちは許す”とまでいったのに、彼女のほうが“もう無理。別れてください”と夫婦関係を修復することは不可能だといったそうです。“相手の男のことは知りたいけど、おれにもプライドがあるから聞けへん”って克基くんはつらそうにいってました」(克基の知人)

この克基の話を聞いて仁科が大激怒したという。

「離婚するなら“慰謝料をきちんともらいなさい。悪いのは男ができたあっちなんだから”って克基くんにいってるそうです」(前出・克基の知人)

女性セブンは7月中旬、こんな現場を目撃した。深夜2時過ぎ、自宅からひとり出てきた克基は愛車に乗り込むと、近くの駅まで車を走らせた。そこが待ち合わせだったのだろう。通りにそのまましばらく停車していると、ひとりの女性が足早に克基の車に駆け寄ってきた。

黒いショートパンツにウエッジソールを合わせ、明るい金髪のセミロングをひとつにまとめたその女性は、明らかに華子とは違った雰囲気だった。克基は女性を助手席に乗せると、再び来た道を引き返した。そして自宅へと戻ると、そろって部屋の中へとはいっていった。カーテンが閉められ電気が消えたのは午前5時すぎのことだった。

「華子さんは克基くんの女癖の悪さにとっくに気づいていました。1年が我慢の限界だったんですね。当然、多岐川さんもそれを知っているから、“あっちには女がいる”といって、逆に慰謝料をもらうつもりだと思いますよ。夫婦よりも、母同士の激突になっていますね」(前出・夫妻を知る人)(以上NEWSポストセブン)


離婚協議に親が口を出すのは余計に事態をややこしくしてしまいそう。
やっぱりドロ沼の争いになるんですかね。若い2人の将来を考えたら、すっぱり別れた方がいいような気がしますが…。今後の動向に注目ですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に