先月19日に尾骨を剥離骨折した中川翔子さん(29)が、骨折を逆手にとったグッズを販売し、批判が殺到している。現在催開中のライブツアーのグッズに”KPL(ケツ・ピンチ・ライブの略)パーカー”を急きょ追加したことを中川さんのスタッフがツイッターで明かした。パーカーの背面には注射が刺さった桃や、包帯を巻いた猫のしっぽなどをあしらい、骨折ネタがふんだんにあしらわれたデザインになっている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

9lives(初回生産限定盤 CD+DVD) [ 中川翔子 ]

9lives(初回生産限定盤 CD+DVD) [ 中川翔子 ]
価格:4,050円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


中川は19日、愛知・Zepp Nagoyaで行われたライブで、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するキャラクター・ナランチャのポーズを真似たところ、負傷。ツアー真っ最中に尾骨を剥離骨折してしまった。27日には、ツアーを敢行するためになんと尻に痛み止めの注射を打ったことをブログで報告している。

 だが、このアクシデントを逆手に取り、新たなツアーグッズを追加発売。中川のスタッフの公式Twitterは29日、「お尻の骨折にも負けない意志、身にまとっちゃってください!!」とその名も“KPLパーカー”の発売を発表。注射が刺さった桃や、包帯を巻いた猫のしっぽなどをあしらい、骨折をネタにしたデザインとなっている。ちなみに“KPL”とは、ズバリ“Ketsu Pinch Live(ケツ・ピンチ・ライブ)”の略だとのこと。

 また、スタッフ公式Twitterは31日、「皆さんお気づきですかぁ???」とKPLパーカーのロゴの拡大画像をアップ。ロゴの文字が骨と骨を組み合わせたデザインとなっており、そのなかでも実は“N”の文字だけは骨がポッキリ折れた意匠となっていることを明かした。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「怪我を売り物にするなっ」「骨折発覚から商売に繋げようとする発想、デザイン案、プリント、販売までの流れが早すぎないか?」「利用者できる物は何でも金儲けのネタにするんだな」「売る為に骨折したって嘘ついてた可能性もある」「おそらく、ものすごく軽~い、わざわざ人に言うのも恥ずかしい打ち身程度だったのを『骨折』って大げさに発表したしたんだと思う だって普通に仕事できる程度じゃんw」「骨は折っても心は折れないんですね」などの声が。

ネタにできるくらい元気ということなんでしょうけど、それを商売にまでしてしまうとは。

怪我や病気をネタにすることに抵抗を感じる人もいるでしょうから、批判が出るのはやむを得ませんね…。

事務所主導でやったこととは思いますが、最近何かと炎上している中川さんだけに、もっと慎重になるべきだったかも?

▼批判続出!? KPLパーカー画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に