占い師の洗脳から解放され、現在復帰に意欲を見せているオセロ中島知子。その復帰がどのようなものになるかが注目を浴びている。そんな中、早くも中島知子復帰を巡り、激しい争奪戦が繰り広げられているという・・・

詳細は⇒ブログランキング


日本テレビとテレビ朝日が、マインドコントロールを解き早期復帰を目指すオセロ中島知子の争奪戦を 繰り広げている。

まずは、日テレ。夏の風物詩である24時間恒例企画チャリティーのマラソンランナーに、中島を引っ張り出そうとしているのだ。 「ランナー人選には、やはりサプライズがないとダメ。前回は、古希を迎えた徳光和夫が起用され注目された。 今回は、島田紳助や郷ひろみの名前も取り沙汰されている。ただ、郷ではまったく面白味がない。紳助は話題にはなるが、暴排条例でぴりぴりしている警察がまだ目を光らせている。へたに使えません」(テレビ関係者)
そこで標的にされるのが、芸能界復帰に意欲的な中島。徳光のときは、キャスターだった『TheサンデーNEXT』がその年の3月に打ち切りになり、慰労金も含めギャラは推定1000万円だったという。中島の場合、滞納家賃の支払いや今後の生活費が必要なため、さらに上乗せされ推定1500万円が提示されているようだ。可能性は、かなり高いといえる。

かたやテレ朝は、中島を“女優”として復帰させようとしている。人気特番『痛快!ビッグダディ』シリーズをドラマ化し、出演させる計画。この番組は、大家族H家を長期取材したドキュメンタリーで、’06年9月から’12年4月まで大家族スペシャルとして22回放送されてきた。
主役は反町隆史が予定され、中島はその妻役である。亭主役の反町は、事務所の力で主役を獲得したともっぱらだ。というのも、反町人気は低空飛行が続いているからである。『グッドライフ』(フジ系 平均8.6%)、『最高の人生の終わり方』(TBS系 平均10.9%)とこけ続けた。
そのため太り気味で、肝っ玉母さん風の中島を出し、視聴率を上乗せしていこうという作戦である。 「中島のドラマ復帰第一弾となれば、1000万円程度のギャラが提示されてもおかしくありません」(民放ドラマ制作関係者)
“中島獲得合戦”は過熱する一方だ。


個人的な意見ですが、チャリティマラソンランナーで復帰してほしいですね!ドラマだと、本人の生の言葉が聞けないですが、マラソンならゴール=過去を断ち切るというドラマがありそうですし、なにより本人へのインタビューがあるからです!
ともあれ、早く復帰して元気な姿と、オセロ二人そろった姿を見たいですね!

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に