7月に辻仁成さん(51)と離婚し、一人息子の親権を手放した女優の中山美穂さん(44)が、出演したCMギャラの未払い分をめぐり、訴訟沙汰に巻き込まれていると『週刊新潮』が報じている。
同誌によると、中山さんを起用した会社は広告代理店に中山のギャラを分割で支払うことで合意。ところが、3月に離婚問題が発覚し、そのせいで商品の営業に支障が出たとして、代理店のギャラの一部や、各放送局への媒体費などの支払いを拒否。そのため、7月に代理店は会社側に総額約5500万円の支払いを求め東京地裁に提訴したという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

おいしい関係 [ 中山美穂 ]

おいしい関係 [ 中山美穂 ]
価格:15,512円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


同誌によると、中山は今年2月、ファブリックケア用品を扱うA社のCMに起用され、3月に発表会見を行って、テレビCMを放送。A社は中山と事務所の間に入った広告代理店・B社に中山のギャラを分割で支払うことに合意していたという。

 ところが、3月に中山の離婚問題が発覚。そのため、商品の営業に支障を来したとして、B社に対して、中山のギャラの一部や各放送局への媒体費などの支払いを拒否。そのため、B社は7月に総額約5,500万円の支払いを求め、A社を東京地裁に提訴したとという。この訴状により、中山のギャラが2,000万円であることが発覚した。

「A社の会見を行った数日後、一部スポーツ紙で、中山が当時夫だった辻仁成と離婚に向けて協議中であることが報じられた。その後、中山は5月に女性誌で音楽家との不倫愛が発覚。結局、7月に辻と離婚したが、長男の親権は辻に渡った。この経緯を受けて、中山を起用した商品のイメージダウンは必至。しかし今回のケースは明らかな契約不履行があったわけでもなく、さらに中山の事務所といえば、“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクション。芸能界をよく知っていれば、バーニング相手にギャラの未払いなどあり得ない。A社に勝てる要素はないだろう」(芸能プロ関係者)

 バーニングにとっても、せっかくのCM仕事が訴訟沙汰になるとは夢にも思わなかったに違いないが、今回の訴訟で“ミポリン切り”の方針が固まったようだ。

「オファーを受けたCMで訴訟沙汰となれば、今後、なかなかオファーが来なくなることは明らか。それでも、訴訟を起こして回収に踏み切ったということは、どうやら今後、中山の仕事はどうでもいいようだ。中山は離婚協議も、不倫愛を貫いて交際継続中のお相手の存在も、事務所には事後報告。もはや、何を言っても中山は聞く耳を持たないコントロール不能の状態となっている。それに対して、中山と同年代で同じ事務所の小泉今日子は昨年『あまちゃん』(NHK)ですっかり再ブレークし、CMのギャラも7,500万円~8,000万円と稼ぎ頭に浮上。もう中山が稼働しなくても、まったく問題ない」(芸能デスク)

 音楽家と再婚間近ともいわれる中山だが、芸能界での活躍は絶望的かもしれない。(以上日刊サイゾー)


離婚でCMギャラトラブルが起こるのは珍しいのでは!?

中山さんの場合、離婚に加えて不倫が発覚したことが大きいかもしれませんね…。ネットの反応を見ると、不倫報道で世間の評判が一気に急降下したのは間違いありませんし、子供の親権を手放したことがさらに拍車をかけてしまっているようです。

そんな中山さんを尻目に元夫の辻仁成さんは、息子さんとの生活を公の場で語ったり、ツイッターで手料理や手作りお弁当を公開するなど、良きパパぶりに注目が集まっています。

スポンサーからもバーニングからも見放されてしまった中山さん。恋人とは是非うまくいってほしいところです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に