SMAPの中居正広さん(42)が27日放送のニッポン放送『中居正広のSome girl’s SMAP』で、今月上旬に喉の腫瘍摘出手術をしたことを明かした…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング


中居は番組内で「2、3週間がたち、落ち着いたのでお話しします。先日、手術をしました」と報告。今年5月末に診断を受け、「6月3日か4日」に手術。「5~6日」入院生活を送ったという。

 10代の頃、肺炎で入院した経験を持つ中居。当時は所属事務所の関係者に入院生活をサポートしてもらったが、42歳での入院に際し、「プライベートなことなので、(身の回りのことなど)自分でやろう」と決意。「ゼロ見舞いにゼロトーク」と見舞いを断り、自分の好きなものを食べ、映画、読書を楽しんだという。

 1人きりの入院生活。退院する時に「この1週間、(これまでの芸能生活を通じて)一番楽しかった」と思ったことを明かし、「『(手を)差し伸べてくれる女の子がいて、横にいたのがウチのカミさんでした』と思わない…マズイぞ。何で何とも思わないんだ?!やっぱり1人じゃ無理だとか、支えがないとダメだとか感じないとダメだ(と思った)」とパートナーのいない入院生活を不幸にも心細くも思わない自分を自虐的にネタにした。

 中居は5月末のイベントでも「1人が好き。食事、体調管理は僕1人で十分。20代のころは結婚したいとか思いましたけど、この年齢になると全然寂しくない」などと話していた。

 なお、のどの調子は「1年半前からおかしかった」といい、「声がガラガラで特番期になると、声が飛ぶ。無理しても出ない」状態だった。悪性腫瘍だった場合は、2月に亡くなった父・正志さんと同じ喉頭がんの可能性もあったといい、中居は「すげえDNA」と明るく驚いてみせた。

 正志さんは13年2月に肺がんを患い、同年秋にリンパ腺に転移。14年8月には転移した喉頭がんの手術を受けたが、今年2月に帰らぬ人となった。

 この日はTBS系で生放送された音楽番組「音楽の日」の司会を務め、SMAPとして歌も披露。のどの手術には触れず、かすれ気味の声で司会を務め、SMAPの楽曲「SHAKE」を歌い終えた際には、「今日はウィスパーで歌ってました。抑え気味に」と笑わせていた。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「無事に手術も終えて、しかも良性で本当に良かったです。もう少し休めばいいのに…」「すごい根性だけど大丈夫なのかな」「中居さん忙しいから大変だろうけど、体大事にしてほしいな」「直接は関係ないのかもしれないけど、とりあえずは禁煙しよう」「すごく怖かったと思う。すごく不安だったと思う。笑い話にしているけど」「本当に良性って信じていいよね?いろいろ考えてコメントしてそうだし・・・」「入院という、大変な経験にもかかわらず。一番楽しかったって、どれ程無理して働いてたんだろう」などの声が。

手術するまで悪性か良性か分からなかったのは辛かったでしょうね・・・。咽頭がんだった父親のこともあるので尚更不安だったと思います。

主治医からは「手術後2週間は声が出ない。(休養期間を)いただきたい」と言われたそうですが、中居さんが仕事を休んだのは5日間。こんな時くらいは医師に言われた通りに2週間きっちり休んで欲しかったですね…。

大事に至らなくて本当に良かったですが、仕事のペースは相変わらずのようですし、無理だけはしないでほしいです。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に