妻で女優の三船美佳さん(32)から離婚を求める訴訟を起こされたロックバンド・THE虎舞竜の高橋ジョージさん(56)が17日、都内の事務所で報道陣に対応。離婚問題について初めて口を開き、「やり直したい」と吐露した…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


 三船が大阪で生番組出演後に取材対応していたのとほぼ同時刻、東京では50人以上の報道陣の前に高橋が姿を見せた。冒頭で、前日16日に裁判所から訴状が届いたばかりである状況であることを説明した。

 高橋は「何で裁判になるのか僕には分からない」と疑問を投げ掛けた。「自分と直接、話し合いをしていない」といい、調停にも「(三船と)会えると思った」高橋は本人が出向いたが、結果は代理人との話し合いになった。「電話も12月から通じないし、メールを一方的に送っても返事がない」と現状を嘆いた。

三船が10歳の娘の親権を主張しているが「僕は親権を欲しいと言っているわけでない。(三船本人と)話し合いがしたい」といい、「自分としては夫婦げんかの途中だと思っている」と説明。「僕が求めているのは話し合いです」と繰り返した。

 「結果的に夫婦としてやり直せたらいいとは思うけど、それはどうなるか分からない」と消極的な発言もあった。「何がいけなかったのか?」の問いには「それはなんぼもあります。僕は欠陥的なものが歩いているようなものだから」と自身の言動に非があったことは認めた。「彼女には最大に感謝している。恨みや憎しみは全くない」と言い切った。

 娘とは大阪で一度食事をし、一緒に泊まったことがあるが「子供はすごく喜んでいた。子供に関しては争う気はない」という。高橋の両親も離婚経験があることを踏まえ「お母さんはやっぱりいてほしいと思う」と母娘の同居を容認した。

ただ、「今は会えない。まず会わせてほしい」と訴えた。「パパと月に一度くらい会って、ママが育てるというのもいいと思う」と高橋なりの譲歩案を提示していた。

 三船が16日夕、所属事務所を通じて報道各社にファクスを送り、高橋との離婚訴訟を提起したことを報告。高橋と三船は同じ事務所に所属しているが、“離婚発表”のファクスは三船側が単独で行った。書面では、13年12月末から別居中であることを明かし、離婚調停を続けてきたが決裂し、離婚と1人娘(10)の親権を争い、離婚訴訟を起こしたことを説明している。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「あーこりゃ三船は戻る気ゼロだね」「女が一旦別れを考えたらもう終わりだよ」「男ってこうなる前にどうして気づけないんだろう」「馬鹿だなコイツ もう修復出来ない所まで来てるだろ なんで男はこーも鈍いかね」 「直接話し合って済むなら弁護士入らないよ」「これはさすがに見苦しい 親権やら財産分与で揉めてるのならともかく」などの声が。

高橋さんは頑なに離婚を拒否し、未練タラタラの様子。しかし、三船さんのインタビューでは離婚に対する意志の強さを感じましたし、復縁は不可能に近い印象を受けました。

離婚訴訟まで起こされているわけですから、清く離婚に同意してあげてもいいのでは…。

娘さんのためにも、両親が争うことは避けてほしいですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に